ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドラマライター 『まれ』『あまちゃん』に共通点多いと指摘

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 毎朝7時15分からは『あまちゃん』、30分から『まれ』。NHKのBSプレミアムではこの2作品を続けて観る人が急増中だ。

『大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた』(太田出版)の著者、ドラマライターの田幸和歌子さんは、『まれ』と『あまちゃん』には共通点が多いと語る。

「『あまちゃん』はアキという存在を通して、みんなが一致団結し、困難を乗り越えていく。『まれ』はヒロインだけでなく、ほかのキャラもそれぞれが、自分たちの夢を追い続けます。

 いずれも夢をかなえるため、都会に出て、やがて地域に恩返しをしていくという共通のテーマがあります。『あまちゃん』は地元の象徴的なアイドルになりましたが、『まれ』が地元で夢をどのようにかなえていくかに注目したいですね」

 希が一度は右脳を動かされときめいた、柳楽優弥演じる大輔の再登場にも期待を寄せる。

「(松田龍平演じるアキのマネージャー)ミズタク同様、“萌え”要素も多く、自由人でかっこいい大輔さんが出なくなって“大輔ロス”状態なので、最後にかっこいいところを見せてください!」

※女性セブン2015年9月17日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
母、祖母と3世代を描くなど『あまちゃん』『まれ』の共通点
元テレビP「あまちゃんはヒットドラマの要素全て持ってる」
『まれ』 『あまちゃん』と共通点多いのは若い視聴者狙いか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。