体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スーパー台風ヨランダの被害から2年…フィリピン復興の様子と裏事情

筆者撮影:台風の被害を受けた地域

筆者撮影:台風の被害を受けた地域

こんにちは! TRiPORTライターの冒険女子アオノトモカです。

2013年11月8日、青年海外協力隊としてフィリピンに派遣されたばかりの私はマニラに滞在していました。巨大台風がフィリピンに上陸するという情報があったため、外出を控えて隊員寮に引きこもっていましたが、マニラは特に大きな被害を受けることはありませんでした。

そして次の日、この台風30号(フィリピン名:ヨランダ)が直撃した地域の映像をインターネットで見たとき、これは大変なことが起きたと少しずつ認識し始めました。高潮により海面が上昇し、街が海に飲み込まれていく様子は、まさに東日本大震災の津波発生当時を思い起こさせました。

台風ヨランダ被災地支援活動への参加

2013年12月、青年海外協力隊は有志を募ってレイテ島の被災地で復興支援活動「サマカナ」の実施を開始しました。サマカナは元々フィリピン全土で協力隊が現地の人々と様々な交流活動をするイベントとして開催されていましたが、レイテ島で行われたサマカナの主な目的は、被災した家や家族、友人を失った子供達を元気づけることです。この活動に私は過去3回参加しました。

気温35度超えのテントでの活動

筆者撮影:仮設テントでのフィリピン民族舞踊アクティビティ

筆者撮影:仮設テントでのフィリピン民族舞踊アクティビティ

初めて参加したのは、台風被害から約半年後の2014年4月でした。当時はまだ空港も屋根が半分吹き飛んだ状態のまま、そしてヤシの木も葉っぱが飛ばされていたり途中で折れていたりで、台風の爪痕がはっきりと見てとれました。さらに、多くの人がテントで生活し、子供達の授業もテントで行われていました。

物資や食料がまだ不足していたため、私たちも歌やダンスといった余興に加えて炊き出しや石けんなどの物資の配布を行いました。真夏のフィリピンで、数百人の子供が集まったテントの下での活動は非常に暑く、困難を極めました。そしてその状態で生活しなければならない人たちを見て、一刻も早く状況を改善しなければならないと感じました。

道路に残る巨大な爪痕

筆者撮影:高潮で打ち上げられて道路に突き出した大型船先端部

筆者撮影:高潮で打ち上げられて道路に突き出した大型船先端部

2回目の参加は、台風被害から1年が経った2014年11月。半年前と比べると、空港もキレイになり、町も復興している様子でした。しかし、高潮によって打ち上げられ、動かせなくなった大型船の先端が、そのまま道路に突き出して残っていたり、その引き上げ作業が行われている間も、台風被害で家を失った人々が打ち上げられた船のすぐ横に掘建て小屋を建てて生活し始め、それが新たな問題となっていました。1年が経過しても、やはり被災地であるということは見てとれました。

そして、復興へ…

筆者撮影:新設された青い校舎の前で風船ゲームを楽しむ子供たち

筆者撮影:新設された青い校舎の前で風船ゲームを楽しむ子供たち

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。