ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

史上最高の自撮りアプリ「Bestie」で、なりたい自分がソッコー叶う

DATE:
  • ガジェット通信を≫

自撮りのタイミングはいつも急にやってくる。
友だちとの食事中に、「写真撮ろう〜!」と言われようものなら断れません。そこで「私、今日スッピンだから」と断った場合、後でSNSで自分だけタグ付けされない寂しい思いをすることに……。
イマドキの女子には、常にセルフィーの恐怖がつきまとっているのです。 セルフィーの恐怖を脱するために、B816やLINE Cameraなど、撮った写真を綺麗に加工できるアプリが必須。
今回紹介する「Bestie(iosAndroid」は並ある写真加工アプリの中でも、女性の自撮りに特化したアプリ。実際、史上最高の自撮りアプリと自信を持って紹介できる機能がたくさん備わっていました。

レタッチ機能は整形並


Bestieについているレタッチ機能は以下の通り。

・赤ちゃんみたいななめらか肌にする「Smooth」
・美白の「Whiten」
・ニキビやシミを消去する「Ache」
・ほっそり小顔に「Slim」
・デカ目の「Enlaege」
・目の下のクマを消去する「Eyebag」
・鼻筋を高く!「Nose」

いくつかの機能は他のアプリでも同じものがありますが、なによりBestieは顔の認識がとてもスムーズ!
写真のなかの小さな顔も検出することができるんです。私は、鼻にハイライトとシャドウを入れて高く見せてくれる機能がお気に入り。

フィルターも写り重視


Bestieは女性の自撮りに特化したアプリ。そのため、フィルターも肌が綺麗に見えるものばかりです。
27種類のフィルターの中にはきっとお気に入りのものがあるはず。チークとリップがオレンジ色に加工される「Winnie」が肌が白く見えておすすめ。

何気に便利なナイトモード

自撮りの機会が訪れるのは明るい時間だけではありません。ナイトクラブや雰囲気のいいバーに行った時など、暗い場所でだってセルフィーしたい!
でもスマホのフロントカメラで撮ると、ノイズだらけで画質の荒い写真になりがち。Bestieにはナイトモードがあるので、ノイズを自動除去して暗い場所でもクリアに写すことが可能なんです。フラッシュのないフロントカメラでも明るく撮れるのは便利。Bestieがあれば、いつ来るかわからない自撮りの機会が待ち遠しくなるかも。

Bestie
image via Shutterstock
(前田真希子)


(グリッティ)記事関連リンク
今すぐダウンロードすべき、セルフィー向け無料アプリ3つ
実際どう思われてるの? LINEのアイコンで男性に好印象なもの
やばい…このままじゃ重ーい! 正月太りの体をを見直してくれる私の相棒

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP