体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ライスミルクでお米を炊いてみた 【ベスト・オブ・ごはんのお供は!?】

f:id:naruse_e:20150821173930j:plain

ライスミルクをご存知だろうか? 

お米を原料としたミルクで、牛乳、豆乳に続く「第三のミルク」と言われているらしい。日経トレンディの2015年ヒット予想ランキングでは4位にランクインしている。

なにやら栄養価が高く健康的な飲み物らしいのだが、牛乳にアレルギーのある人や、動物性タンパク質を摂らないビーガンの人でも飲めることからも、ドリンク界の注目株らしいのだ。

 

そんなライスミルクについて、ふと、こんな疑問が浮かんだ。

このライスミルクでお米を炊くことはできるのだろうか?

一番合う“ライスミルクごはん”のお供は、果たして何なのか?

 

気になったので、やってみた。

 

ライスミルクでお米を炊いてみる

そもそも、ライスミルクと本家のミルク、どれだけの違いがあるのだろう?

コップに注いで並べてみると、こんな感じ。

f:id:naruse_e:20150821174246j:plain

左がライスミルク、右が普通のミルク。

見た目でいうと、同じ白でも色が少し違うのがわかる。牛乳は真っ白だが、ライスミルクは白濁している、という感じに近い。

飲んでみると、ライスミルクはどこか甘酒っぽいというか、米を濃縮したような味がする……気がする。甘酒ほど甘くないものの、後味がほんのり甘いのだ。

と、元の味がわかったところで、ライスミルクを使ってお米を炊いてみようではないか。

f:id:naruse_e:20150821174311j:plain

炊飯器は、私が上京したときから使っている10年選手。

 

ミルク粥のレシピを参考にしてみた。

それによると、コンソメスープ600mlに牛乳150mlを入れるとのこと。

でも今回は米の成分のみで炊きたい!

ライスミルクを750ml入れればそれっぽいものができるかな〜と勝手に判断し、目測で750mlくらい注いでみる。

f:id:naruse_e:20150821174350j:plain

研いだお米にライスミルクを注ぐ……。

f:id:naruse_e:20150821174406j:plain

レッツ、炊飯!

 

……待つこと約40分。

「ピーーー」と、ごはんの炊けたお知らせ音が。

こんなに炊き上がりにドキドキしたのは、いつぶりだろう?

1 2 3 4次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。