ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【深ヨミ】人気声優 神谷浩史のミニAL『ハレロク』がこれまでの最高位の2位に!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 9月7日付のBillboard JAPAN週間セールスアルバムチャート “Top Albums Sales”では、声優・神谷浩史の2か月連続リリースの第2弾にあたるミニアルバム『ハレロク』が、リリース初週に1.9万枚を売上げ2位に入った。

 神谷浩史は、『ONE PIECE』『進撃の巨人』『夏目友人帳』など数々の有名作品に参加しており、また“声優アワード”でも受賞経歴を持つ、人気・実力を兼ね備えている声優だ。そして歌手活動にも力を入れており、これまでにアルバム1作、シングル4作、ミニアルバム5作(今作含む)をリリースしている。今作は、自身が所属するレーベル<Kiramune>の初期メンバーの楽曲をロックアレンジしたカバーアルバムとなっている。

 ここでは、今作と同じ“ミニアルバム”の過去直近3作品の初週売上げをSoundScan Japanのセールスデータから抽出し、その売上げと“Top Albums Sales”での初登場順位を見てみる。

『ハレイロ』 1.6万枚・5位
2013年4月10日リリース

『ハレヨン』 1.8万枚・4位
2014年8月27日リリース

『ハレゴウ』 1.8万枚・5位
2015年7月29日リリース

今作で自身の最高位となる2位を記録した。近年安定した支持を得ていると言えるが、『ハレロク』のセールスデータを詳しく見てみると、東京と大阪以外で4桁の数字を売上げている地域がない。今後は東阪以外でいかに売上げを伸ばすかが課題となってくるだろう。神谷浩史は、9月5日・6日に幕張メッセで1st Live【ハレヨン→5&6】を開催。そのうち、9月6日公演は全国の映画館でライブビューイングを実施するなど、精力的に活動している。今後のさらなるセールス増に期待したい。

関連記事リンク(外部サイト)

Ken Yokoyama 2度目の地上波は『バズリズム』 新ALから「Maybe Maybe」披露も
ユースケ・サンタマリア“惨めな役”に自信 「真骨頂でまさに集大成」
チームしゃちほこ、秋“ハロウィン”ホールツアーの演出を発表&しゃち金3連発も

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP