ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

wil.i.am「日本は僕が地球の中で愛している場所の一つ」、福島に3280名のボランティア参加者が集結

DATE:
  • ガジェット通信を≫

wil.i.am「日本は僕が地球の中で愛している場所の一つ」、福島に3280名のボランティア参加者が集結

 4時間のボランティア活動でライブチケットが1枚もらえる【RockCorps supported by JT 2015】の締めくくりとしてライブイベント【Celebration】が、9月5日に開催され、3280名のボランティア参加者が集結した。

 トップバッターのPUFFYがステージに登場し、オープニングソング「愛のしるし」がスタートすると、会場の熱気も瞬く間に最高潮に。MCでは「今回RockCorps に呼んでいただいて、大変嬉しく思っています。私たちもボランティアに参加したんです! 一緒の人もいるかな? 初めて会う方も楽しんでいただけたら良いなと思います。盛り上がっていきましょう!」と盛り上げ、観客の大きな手拍子に包まれながら、大ヒットソングを熱唱。最後の曲「アジアの純真」では、曲の中で亜美と由美が目を合わせて「福島ーー!」と、観客に向けて呼びかけた。

 次に登場したのはHOME MADE 家族。同グループの代表曲ともいえる「キミガイタカラ」でライブをスタートさせた。ボーカルのMICRO は「ライブ前から一つになっているこんなライブ見たことない! 音楽を通して家族の様な1つのものになること。つまりここにいるみんなは家族だと思っていんだよね!」と、観客に向けて、熱いメッセージを贈った。続いて、中島美嘉が登場し「実は私もボランティアに参加しました! みんなお疲れ!! みんなに元気をあげにいったのに、逆に元気をもらっちゃいました!」と自身が参加したボランティアのエピソードを語ると、会場は盛大な拍手に包まれた。
最後に登場したのはwil.i.am。会場から大きな注目が向けられると、「This Is Love」でライブがスタート。途中、「日本は僕が地球の中で愛している場所の一つ。日本人は“(日本語で)サイコー!”」と呼びかけると、会場のボルテージは最高潮に達した。パフォーマンス終盤には「ボランティアに参加した皆さん、本当にグッドジョブ!みんなの力が集まっている、ここ福島は自信をもってほしい、とても勇気をもらいます。この街が大好きです!ありがとうございます!」とコメント。一体感に包まれた会場は、最後まで大盛況のまま幕を閉じた。

◎公演概要【RockCorps supported by JT 2015“Celebration(セレブレーション)”】
日時 :2015年9月5日(土) 14時開場 15時開演 19時頃終了
場所 :あづま総合体育館
ゲスト :PUFFY、HOME MADE 家族、中島美嘉、will.i.am
来場者数 :3280人

関連記事リンク(外部サイト)

ボランティアムーブメント【RockCorps】に出演する中島美嘉が、福島県のボランティア活動にサプライズ参加
上田健司の50歳を祝う2Daysフェスが開催 PUFFY、怒髪天、the pillowsらが集結
武田真治 芸能生活25周年アニバーサリー・ツアーの追加発表でビルボードライブ東京公演が決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。