ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「サービス残業は絶対やらない」 外国人の就職先に日本のベンチャー企業が人気の理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本で働く外国人は増加中だ。20年前には10万人足らずだったが、2014年は78万人を超えるまでになっている。今年8月には東京・新宿で外国人留学生のための合同面接会が開かれ、1000人近くの学生が集まった。

9月4日放送の「ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京)は、日本のベンチャー企業が外国人の採用を積極的に行うとともに、そこで働きたい外国人も増えている理由を紹介。そこには旧来の日本企業の問題点があぶり出されていた。
「大企業はルールに縛られる。日本で働くならスタートアップ」

東京・渋谷のトランスリミットは、2014年創業で従業員22人の小さな会社。世界150か国以上でダウンロードされている「Brain Dots」という言葉不要のスマホゲームをグローバルに手掛けている。

このゲームの運営を支えているのが、リトアニア人のアイステさん。アニメをきっかけに日本に興味を持ち、日本のデザイン学校に通いながら働いている。仕事はユーザーとのメール対応で、世界各国のユーザー1000万人以上をたった1人でさばく凄腕だ。

高場大樹社長は彼女の仕事ぶりを高く評価し、「めちゃくちゃ真面目で優秀ですね。『こんな感じでお願い』といえばそれ以上でやってくれるので、任せている」と絶賛。最近ではゲームのアイテムデザインも任せ始め、日本人にはない感覚が役立つという。

「海外向けサービスを作りたければ、海外人材は必要不可欠です」

アイステさんは日本のベンチャーで働く魅力を「幅広い仕事を任され、意見を取り入れてもらえること」と言い、流ちょうな日本語でこう明かす。

「(日本の)大企業だと、ルールに縛られるイメージ。特に外国人は考えや行動、しゃべり方も(日本人とは)違う。それを抑えるのはきつい。(日本で)就職するならスタートアップ(ベンチャー)がいいかなと思います」

資金調達の環境も整い「報酬は大手と遜色ない」

フェイスブックで人材をマッチングするウォンテッドリー(東京・白金台)では、海外からの日本ベンチャーへの応募が毎年5倍のペースで激増している。

同社のリザ・ヴェンティッグさんは人気の理由を、アニメなどポップカルチャーから入り日本文化に興味を持つと分析した上で、日本のベンチャーが外国人労働者と相性がいい理由について、こうコメントした。

「日本(の古い体質の)企業ではプロセスに時間がかかり、フラストレーションを感じる。ベンチャーは動きが速いので、外国人はその方がやりやすい」

外国人が働きやすいと人気のカブク(東京・渋谷)は、2013年創業の3Dプリンター関連の事業を手掛ける。ここで働くオーストラリア出身のピーター・ロジャースさんは投資銀行のアナリストや旅行会社の営業経験者で、海外案件の交渉役を一手に引き受ける。

報酬も大企業と比べて遜色なく、カブクの稲田雅彦社長は「いまのベンチャーは資金調達ができるので、大企業の水準と変わらない」と話した。
「自由な働き方」に対応できる度量が欠かせない

しかし優秀な外国人を雇うためには、お金さえあればいいわけではなく「自由な働き方」が必要だと稲田社長は明かす。カブクではカフェや自宅での仕事も認めており、ピーターさんも外国人の仕事への意識をこう語る。

「サービス残業は絶対にやりたくない。『自由な働き方』は外国人には当たり前のこと。そういう意味では大手より優秀な人が(ベンチャーに)集まる可能性は高いですね」

優秀な外国人にとって「サビ残当たり前」の中小零細企業も、「遅れず、休まず、働かず」の大企業も、魅力的に映らないのだろう。それ以外の働き方が、いまのベンチャー企業に生まれつつあるということだ。

結局、優秀な人材は劣悪な職場環境には集まらないし、育たない。旧来の日本的な働き方、働かせ方ではグローバル企業として通用しない。そのことを認識して、日本人全体の労働環境も改善してくれればと思う。(ライター:okei)

あわせてよみたい:サービス残業やらせる上司の理屈 「仕事はやりがい」
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP