体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[PR]『キリン のどごし<生>』初の秋限定商品『夜のどごし』って何だ? 担当者を直撃&試飲してみた

[PR]『キリン のどごし』初の秋限定商品『夜のどごし』って何だ? 担当者を直撃&試飲してみた

「夜の『のどごし』」、ではなく「夜のどごし」です。キリンビールは9月15日、『キリン のどごし<生>』で初めての秋限定商品となる『キリン 夜のどごし』を全国で発売しました。なぜ「秋のどごし」ではなく「夜のどごし」なのでしょう? 意表を突くネーミングとその味について知るべく、発売直前の『夜のどごし』を入手してキリンの開発者に取材してみました。

飲まずに缶から味を想像してみた

[PR]『キリン のどごし』初の秋限定商品『夜のどごし』って何だ? 担当者を直撃&試飲してみた

まずは缶やパッケージをチェックして、飲まずにその味を想像してみることにします。缶は紫っぽい華やかな青を基調に、注がれたグラスと、にぎやかな街の明かりのような黄色が映えるデザイン。確かに“夜”を感じさせます。明るい黄色がなじみ深い通常の『のどごし<生>』とは明らかに異質。

yorunodogoshi3

従来の季節限定商品とは異なる、「今だけ!」とキャッチーな文字が目を引きます。

yorunodogoshi4

缶のデザインに味の手がかりを探していると……ありました! 『夜のどごし』のロゴの下に「麦100%」の文字が。

yorunodogoshi5

原材料は次の通り。

発泡酒(麦芽・ホップ・大麦)・大麦スピリッツ

通常の『のどごし<生>』が“スッキリ爽快な味わい”をしているのに対し、麦100%で確かに味の違いになって表れそうですね。

yorunodogoshi6

缶6本を収容するパッケージをチェックしてみましょう。缶とボリューム感のあるジョッキの写真が印象的なパッケージに、「にぎわう夜に、豊かなのどごし。」のコピー。

yorunodogoshi7

パッケージ上面には、家々の明かりが灯った夜の街の風景を思わせるイラストが描かれています。

以上からイメージするキーワードは「夜」「麦」「豊かさ」「明かり」「暖かさ」といったもの。麦の豊かさが感じられる、夜にぴったりな味……なのでしょうか。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。