ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

DHAとEPA豊富な青魚 美容にいい食べ方は刺身と煮魚のどっち?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夏太りによるボディーラインの崩れを改善し、美肌に導くにはどうしたらいいのだろうか? 「食」に関し、予防医療コンサルタントの細川モモさんに3つの質問をした。

Q:ごはんはゆっくり食べたいから、家事を終わらせてから食べるのと、ごはんを食べてから家事をするのでは、どっちがよい?

A:食べてから家事を20分以上するとよい。

「日常生活の中で、あまり動かない人が立っている時間を2時間増やすと、インスリンの働きが3割アップします。とくに血糖値が上昇する食後に食器洗いや洗濯物干し、掃除機かけなど、立って行う家事をすると、血糖値が抑えられてダイエットにつながります。食後15分の散歩に犬を連れて行くと、負荷がかかっていいですよ」(細川さん)

Q:朝ごはんに食べるなら、白飯に干物の和定食と、野菜サラダメーンの洋食のどっちがお肌にいいの?

A:和定食。

「加齢とともに落ちやすい筋肉は、良質なたんぱく質を毎食食べれば落ちにくくなります。5大たんぱく質(肉・魚・卵・大豆・乳製品)のどれかとともに、食べましょう。量は片手ひと盛りくらいが目安です。朝はもちろん、毎食時に摂ると筋肉の減少を最小限に抑えることができますよ」(細川さん)。

Q:DHA、EPAが豊富な青背の魚。刺身と煮魚では、どっちで食べるのが美容にいいの?

A:刺身。

「いわし、さんまなどに豊富なDHA、EPAは、体内で合成できないオメガ3脂肪酸の仲間で、視力や脳機能を強化する働きがあります。でも熱に弱いため、刺身で食べるのが◎。煮たり焼いたりすると15%、油で揚げると50%も損失してしまいます」(細川さん)。

※女性セブン2015年9月17日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
納豆+アボカド、納豆+トマト&オリーブオイルでおしゃれ丼
冷蔵庫の残り物や常備食材で作るアイディアおにぎりレシピ
女子ウケバツグンのカラフルなケーキ風おにぎりサンドレシピ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP