ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一年の味を凝縮した「へしこ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9月6日放送の「遠くへ行きたい」(日本テレビ系、午前06時30分~)では、フリーアナウンサーの久保純子さんが石川県金沢市から福井県三国港までを旅し、「与平寿司」(福井県坂井市)を訪れた。

三国港の寿司店をはしごすることとなった久保純子さんが二店目に選んだ同店は、創業をたどれば明治20年にまでさかのぼる老舗寿司店。カウンターには常連客がついて、入店した久保純子さんを店主とともに笑顔で出迎えた。

カウンターについた久保純子さんの前に出されたのは「甘海老寿司」。地産の甘えびを使ったつやつやとした押し寿司で、大葉とタラコが海老の甘みを引き立てている。「甘えびが新しくないとその味が出ない」という店主の声に、久保純子さんは感心したようにうなずいた。

つづいて出されたのは「へしこ・サバの糠漬け」。へしことはサバを一年間も糠に漬けこんだ保存食。絶妙に塩抜きされ、にぎりにされたへしこを食べた久保純子さんは、口元を手でおさえて「いろいろな香りがします」とコメント。店主が「一年分の旨味成分が全部入っているの」と解説すると、久保純子さんはまたしてもうなずきながら感嘆の声をあげた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:与平寿司 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:鯖江・武生・坂井のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:鯖江・武生・坂井×和食のお店一覧
隠れ家スポットの生うにいくらパスタ
老舗のふぐランチ

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP