ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

空港内の待ち時間を正確に予測!JFK空港に、乗客の携帯電話を追跡するセンサーシステム導入

DATE:
  • ガジェット通信を≫

空港を利用するときは、時間に余裕をもっていたいもの。

とはいえ、出入国、手荷物検査や税関など、さまざまなチェックポイントを通過せねばならず、どれくらいの待ち時間になるのか気になるところ。

・空港内の待ち時間を予測するシステム

そんなニーズに応えようという取り組みが、ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港でスタートした。

Blip Systemが開発している「BlipTrack」という屋内センサーシステムで、ビーコンモジュールと、乗客の携帯電話を用いて、正確な待ち時間を推計し、付近のスクリーンに現状を表示するというものだ。

・13のスポットに設置

現在のところ、運輸保安庁のセキュリティチェック(TSA)や、税関・国境取締局(CBP)、タクシー待機場など、国際空港内の13のスポットに設置されている。

・乗客の携帯電話をモニターし、その動きをチェック

「BlipTrack」のセンサーが、空港内のWiFiやBluetoothデバイスを通じて、乗客の携帯電話をモニターし、その動きをチェックする。

モニター対象となったデバイスには、それぞれ固有のIDが付与され、暗号化される。

・ポイント通過までにかかった所要時間から混雑を推測

ポイントに設置されている最初のビーコン付近を通過すると、IDごとにタイムスタンプが押される。

そして、同じIDのデバイスが次のビーコン付近で再び検知されたとき、到着するまでにどれくらいの時間を要したのかを計測して記録。

集められたデータから正確な待ち時間の見積もりが割り出されるという流れだ。

・空港の混雑緩和に役立つ

管理者側としては、混雑状況を把握することで、スムーズな誘導ができるようにいち早く手を打つなど、混雑緩和の対策がしやすくなる。

また、乗客としては、待ち時間の予測が立てられることで、必要以上にイライラすることなく、安心につながるほか、乗り遅れそうな場合には、スタッフに事前に相談したりできるだろう。

・すでに世界各国の空港で導入

「BlipTrack」のシステムは、すでにアムステルダム、ドバイ、トロントなど、世界各国の20の空港で導入されているという。空港の混雑緩和に一役買ってくれそうだ。

BlipTrack

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP