ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MotorolaはMoto 360 Value Tierを開発していた、そのコンセプト画像が公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Motorola は IFA 2015 イベントで Android Wear スマートウォッチの第二世代モデルとある「Moto 360(2nd Gen)」やスポーティ仕様の「Moto 360 Sport」を発表しましたが、実は他にも開発していたモデルがあったそうです。それは、ユース市場に向けた「Value Tier」というモデルです。Motorola のデザイナー Imaan Naeem 氏が自身の WEB サイトで「Moto 360 value-tier」という廉価モデルの開発プロジェクトがあったことを明らかにし、そのコンセプト画像を公開しました。ページは既に削除されています。Moto 360 value-tier の外観は、Moto 360(2nd Gen)に似ていますが、例えばスプーンウォッチのようにリストバンドがケースの下側にも通せる仕組みとなっています。また、Value Tier では、ワイヤレス充電に対応するものの、心拍センサーは非搭載とのことです。同氏によると、Moto 360 value-tier のプロジェクトはキャンセルされたそうです。Source : Imaan


(juggly.cn)記事関連リンク
ビッグローブ、10月1日よりBIGLOBE SIMの料金プランの一部を値下げ、
NTTドコモ、「Galaxy Tab S 8.4 SC-03G」のAndroid 5.0アップデートを開始
Instawear : Android WearでInstagramを楽しむアプリ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP