ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元タカラジェンヌが教える 美しい姿勢と正しい歩き方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

皆さんは姿勢で損していませんか? メイクやオシャレがバッチリでも、猫背だったりするとなんだか残念です。そこで今回、元タカラジェンヌ小嶋希恵さんが書いた『タカラヅカ式美しい人の作法の基本』の中から、美しい姿勢の保ち方と、正しい歩き方を紹介します。
まずは、まっすぐ立つ、美しい姿勢から。一番のコツは“正しい姿勢を意識する”こと。宝塚で美しく見える立ち姿を叩き込まれた小嶋さんは「美しい姿勢をしている人を思い浮かべてください。意識、イメージすることが、正しく、美しい姿勢をつくる第一歩なのです」と力説しています。実は、美しい姿勢ができれば、O脚お腹が出る、足が太いといった悩みも解消するんだそうです。
ここで簡単にできる『正しい立ち方』。まずは壁にもたれながら立ってみましょう。そして、“気をつけ”した状態で両足先が90度になるように開きます。ここでのポイントは両ひざをしっかり閉じること。お尻とお腹に力を入れて、肩の位置は骨盤の真上にくるように。指先は身体の真横の一直線上に来るようにし、肘はしっかり壁につけます。頭は背骨の上にまっすぐにのせ、前に突き出さないようにします。あごは首側に近づけるように軽く引きましょう。そして、この状態で壁にもたれているところから、そのまま一歩前に出る。これが一番美しい立ち方。普段まっすぐ立てない人は、どこかが苦しくなるんだそう。しかし、この立ち方を繰り返すことで確実に体型が変わるそうです。
続いては『歩き方』です。まっすぐに立ったら、その軸を保ちながら前に進む。これが美しい歩き方の基本です。ポイントは腹筋。骨盤を意識し、腰を引き上げるように歩く。すると、自然に腹筋を使って歩けるようになるといいます。さらに腹筋を使うことで足が細くなっていくんだとか。最初は辛いかもしれませんが、続けていれば必ず美しい体型になれるそうです。さらに女性の場合は靴選びも重要。美しさを求めるなら、ヒールを履きましょう。ヒールでつま先に重心を置いて歩くと、自然と足首の筋肉が使われて足が細くなるそうです。

美しく立って、美しく歩けば、美しい体型になる。そして、美しい体型を手に入れれば、もっと美しく歩けるようになる。この好循環を利用して目指せ姿勢美人!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ホンネストの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP