ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

留学先での自炊のコツは? ― 私たちの留学Days オーストラリア編 第11回

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大学に入ったら一度は体験してみたい!と思う人も多い海外留学。そんな留学生活のリアルを、実際に海外の大学に通う先輩留学生たちがレポート! 現地の大学の授業や生活を知って、ぜひ留学を考える際の参考に。

 

第11回 留学×自炊生活

留学先での自炊のコツは?

海外生活を始めると言うことは親元を離れて一人で生活するということ。そうなるともちろん、自炊生活をしなくてはいけません! 日本とは違い、スーパーにはお惣菜などが安く売られていないため、いかに自分で安く、そしておいしく栄養のある物を作れるかが、自炊をするにあたり大切なことだと思います。

 


「オーストラリアならではのステーキ」

 

オージービーフは意外と安く、そして栄養価もあり自炊生活にはピッタリです。

 


「安いミンチ肉を使ってハンバーグ」

 

オーストラリアはミンチ肉と乳製品、冷凍食品が安いことで有名です。ミンチ肉は1kg $7ほど。添え物も冷凍食品で1kg $2ほどです!

 

「たまには和食も…」

 

たまにはオーストラリアの新鮮なお野菜を使って日本食も作ります。スーパーマーケットでは野菜を量り売りしているので、一つ単位から安く買うことができます。

 

海外は日本に比べて物価が高いので、留学する際はその国の安く売られている物を使って自炊生活を頑張りましょう。

 

今月のワンフレーズ

“ After you! ”
「お先にどうぞ!」

 

ネイティブの人がよく使うフレーズ。直訳すると「あとはよろしく」という意味ですが、実際は「お先にどうぞ」という意味でよく使われます。

 

プロフィール

めぐ
オーストラリアのグリフィス大学に通っている20歳の女子大学生。大学での専攻はMedia & Communicationで、将来は世界中を回るスポーツジャーナリストになることを目標に勉強中。
 

バックナンバー

第10回 自分の目標に合った住まい探しをしよう(8月21日up) 第9回 グリフィス大学はイベント盛りだくさん!(8月7日up) 第8回 各国の料理が揃うオーストラリア(7月24日up) 第7回 オーストラリアでも人気の日本文化!(7月10日up) 第6回 ゴールドコーストでおしゃれカフェ巡り(6月26日up) 第5回 “習うより慣れろ”なオーストラリアの授業(6月12日up) 第4回 海外でのアルバイトは貴重な経験!(5月27日up) 第3回 オーストラリアについて勉強? 私の長期休暇の過ごし方!(5月15日up) 第2回 国際色豊かなオーストラリア・グリフィス大学(4月21日up) 第1回 私が選んだ海外大学進学という道(4月14日up)

スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP