ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、「Galaxy Tab S 8.4 SC-03G」のAndroid 5.0アップデートを開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTT ドコモは 9 月 7 日、「Galaxy Tab S 8.4 SC-03G」のAndroid 5.0アップデートを開始しました。Galaxy Tab S には、これまで Android 4.4(KitKat)が提供されていましたが、ようやく最近の Android 5.0 にアップデートされました。アップデート後のソフトウェアビルドは「LRX22G.SC03GOMU1BOH7」です。Android 5.0 ではモダンな Material Design 方式を基本 UI に採用しており、Galaxy Tab S もこれに合わせてホーム画面や設定メニュー、通知パネル、電話アプリなどのデザインも変更されます。UI は従来の黒ベースのものから白ベースに変わった点が大きな違いで、プロフィールアイコンはサークル型に変わるなど、見た目もよくなっています。また、Android 5.0 では通知機能も改善されています。ロック画面上の通知はステータスバー上のアイコンから画面上のカード式に変更され、プライベートな通知を設定で表示させないことも可能になりました。このほか、アプリ起動履歴画面がカードスタック式に変更され、一部のアプリでは通知を画面上に表示する機能や Bluetooth テザリング機能も追加されました。OS バージョンアップのほか、「連絡先」アプリで違う人のよみがなが表示される問題や、緊急長持ちモードを設定している時に docomo ID を設定しようとしてもエラーになる問題も修正されています。Source : NTT ドコモ


(juggly.cn)記事関連リンク
ビッグローブ、10月1日より料金プランの一部を値下げ、
Instawear : Android WearでInstagramを楽しむアプリ
Sony Mobile、Xperia Z5シリーズの直販価格を発表当日の金額から引き下げ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP