ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

久々再会の友人に絵画を売りつけられたら 警察相談も視野に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 フジテレビ系『全力!脱力タイムズ』などに出演中の、東京未来大学・こども心理学部部長の出口保行さんへのお悩み相談コーナー。今回は長らく会っていない同級生からの脅しに近い物品販売に関する相談です。

【相談】
 高校卒業以来会っていなかった、同級生の和恵から突然電話がありました。久々に会おうという話になったのですが、不気味な絵画を勧められました。購入を断ると、「家族に災いが起こる」と、物騒なことを言い、しつこく連絡をしてきます。それほど仲がよかったわけではないのに、どうしたらいいの?(兵庫・敦美・43才)

【解説】
 高校卒業後、音信不通だった同級生から連絡がきたら、懐かしさも手伝って、とりあえず会ってみようと思いますよね。それが悩みの種になるなんて、誰が想像できるでしょうか。和恵さんはいわゆる何か新興宗教的なものに“洗脳”されているのでしょう。

 ところでこの“洗脳”という言葉、実は心理学で厳密な定義はありません。一般的に使われている“洗脳された人”とは、悪いと気づいたことでも軌道修正する能力が低いタイプと、揺るぎない思いを持った思想家タイプの両方を指すことが多いようです。

 前者は強烈な力にただただ従おうとし、後者は強烈な自己の意志を持っている。つまり、心理学的にみるとまったく違うタイプを、どちらも“洗脳された人”と呼んでいるのです。

 後者の思想家タイプは自らの信念を世間に広めたり、理想を実現するためなら手段を厭わず、つまりそれがテロなどの重犯罪につながることがあります。

 でも、どちらかというと、私たちの周りに多くてトラブルを巻き起こしやすいのは、前者の思考の軌道修正能力が低いタイプ。この手の人は価値観を強要してくるうえ、相手を支配して自分の都合のいいように利用しようとまで考えます。本来は、頭がよかったり、理屈っぽいといわれるくらい、しっかり思考できる人なのも特徴です。

 しかし、そういう人ほど洗脳されると、考える能力はあっても、悪いと気づいたことでも軌道修正できず、実行へと突き進んでしまうのです。

 若い頃にやんちゃしていた人は手を出してはまずいことをよく知っているので、このようなことに洗脳されにくいもの。知らない優等生ほど、洗脳されやすいのです。

 このタイプはコミュニケーション能力があまり高くなく、社交的ではない。つまり、取っつきにくい人が多い。たぶん、高校時代の和恵さんも友達は少なかったでしょうし、敦美さんもそれほどつきあいはなかったはずです。

 このように自分に興味のなかったはずの人が、いきなり話しかけてくるのを「うれしい」と思い、そこから取り込まれていく人もいます。しかも勧誘する方はよかれと思っているから、質が悪いのです。

 普通の布教なら「この宗教を信じると、こんなにいいことがありますよ」となりますが、このタイプの人は、「信じないと不幸が起こる」と脅しが絡んできます。こうなったら、きっぱりとつきあいを断つことです。それでもしつこいようなら、警察への相談も視野に入れましょう。

 人は正気でいるときは、このような言葉に耳をかしませんが、不幸が重なり、弱気になっていると、「それで救われるのなら」と考えてしまうことも。もちろん、本来、信仰や勧められた物を買うのは、悪くはないのです。要はそれが詐欺に該当したり、脅しが入るなど、悪意に満ちた犯罪として成立していないかどうかが線引きになるのです。

「あなたも同じことをやりなさい」という話になっていった場合は、疑ってかかった方がいいでしょう。

※女性セブン2015年9月17日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
45才女性 大事なところに異物を入れたら若返ったと感動
2月14日は「ふんどしの日」 百貨店には約50種類の女性用も
“現代型うつ病” 出社するとうつ状態で退社すると症状治まる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP