ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

楢葉町への避難指示が解除へ 避難者がこの4年を振り返る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 九州電力川内原発が再稼働した。東日本大震災の際に発生した福島第一原発事故は多くの避難者を生む結果となったが、この教訓を忘れてはいけない。避難生活は長く、辛いものになる。

 東日本大震災翌日に「全町避難」の指示を受け、家族3人でいわきへと向かったのは、福島県双葉郡楢葉町で生まれ育った猪狩秀男さん(71才)だ。42年間勤めた郵便局を61才で退職した後は、地元の特別養護老人ホームの警備員などをしていて、震災当日も勤務に出かけていた。

「自家発電を備えた施設は避難場所に指定されていて、周辺の集落の人が集まっていました。まさか原発が爆発するとは思わないし、集落の人たちも『明日になれば家に帰れる』と考えていたんでしょう。

 ところが翌日になったら、町から、『原発が危ないから、いわきのほうへ避難してください』と放送があった。急いで家へ帰ったら家内が準備をしてくれていて、息子と飼い犬のチョコを連れて、車に乗りこみました。道は大渋滞で、いつもなら1時間弱で着くのに、2~3時間かかった。

 町からは漠然といわきへの避難を促されるだけで、辿り着いた避難所は満員で入れない。よその土地であっちの避難所へと言われても、『あっちのほうじゃ、わかんねぇっぺ』とぐるぐる車で回った。右往左往しているうちに幸運にも友人と会って、泊めてもらえました。そこで原発が爆発して放射能が漏れたと知り、『あぁ、これはちょっと帰れないかなぁ』と、避難所にいたみんなと話し合って判断しました」(猪狩さん・以下「」内同)

 軽装だったため、本格的な避難生活を見据えて帰宅した。

「家の中に入ると、本はガタガタに倒れているし異臭がした。たった1週間でねずみが入ったんだね。糞があり、おしっこのにおいがした。家には1~2時間いたでしょうか。『放射能が』といわれても、目に見えるものではないし、状況がわからない。防護服もその頃はないですし、部屋を片づけて、荷物をまとめました」

 その後は別地区の避難所で10日間ほど過ごして、いわき市内の仮設住宅へ入居した。

「これが本当に住みづらいところなんです。動物がいるから人気のない住宅へ割り当てられたというのもあるんですが、とにかく、夏はものすごく暑い。エアコンをかけっぱなしだけど、電気代も水道代も自腹です。冬になると結露がすごい。畳がカビてしまうんです。町に訴えても仮設は県の持ち物だから。4年以上経って、ようやく交換してもらえます。仮設にもねずみが出ます。ゴキブリもいるね」

 アパート暮らしすら経験がない猪狩さんにとって、仮設生活は戸惑いの連続だった。

「4畳半の2間を3人で使っています。夫婦で1間を使っているんですが、ちゃぶ台を寄せて、テレビを寄せても、布団は1組敷くのがやっと。週末になると、同じいわき市内に避難している孫たちが5人泊まりにくるんですよ。ギュウギュウになって大変なんだ(笑い)。幼稚園や小学生の孫たちは、土に触れて遊んだり、虫取りをしたり、野山で遊んだという記憶もなく育ってしまうよね。犬もストレスがあるのか人をかじっちゃってね。仮設に移って、2~3週間経った頃かな。孫や私の弟など、何人かかじっちゃった。楢葉にいた頃にはそんなことなかったのに。ここ半年くらいで、ようやく落ち着きました」

 犬もまた、楢葉に連れてくると実に生き生きとして、野山を2時間以上かけまわる。自然に囲まれた楢葉での暮らしと、都会のいわきでは生活がまるで違うという。

「楢葉では野菜やきのこを自分で作っていたからスーパーで買うという発想がなかったし、まさか米まで買ってくるようになるとは思わなかったよね…。私はいわきで小さな畑を借りて野菜を作ることで幸いストレス解消ができたけれど、家内は疲れが溜まって1か月ほど入院してしまった。

 隣の家でくしゃみをする音が聞こえるくらい壁が薄いから、話すのも、テレビを見るのも気を使う。狭い部屋で縮こまって暮らしているせいで、腰まで痛めてしまって。苦労は言葉にならないね」

 住民のほとんどが“消えた”町に、昔あった風景はない。

 家にかかるカレンダーは「2011年3月」のまま。猪狩さんは、「家族が帰ってくるまでそのままにしておくよ」と話した。

 町から許可が出て一時的に家へ戻れたのは、震災から約1年後だったという。

「ねずみの仕業でまぁ、障子はかじられているし、そこらへんにおしっこされて、においがすごかった。『これはもう住めねぇかなぁ』とも思ったけれど、『でも、故郷を捨てらんねぇなぁ』という気持ちもあるしね。できるだけやってみっかと、布団や畳を捨てたりして、ちょっとずつ家の整理をし始めたんです」

 9月5日には楢葉町への避難指示が解除された。猪狩さんは4年以上の仮設生活を終えて、楢葉へ戻るつもりだ。

「昨年あたりから帰還のためにと、家や庭の草木を手入れしています。戻ってきたら不便もあります。お医者さんもいないし、大根1本作るにも、肥料を買いに1時間かけていわきまで行かなければならない。リフォームは来年の夏にならないとできないとも、いわれています。

 避難生活が終わってからの生活の不安も、当然あります。それでも『ここへ住みたい!』という感情が、私にはあるんだよね。カーテンを閉めっぱなしの仮設暮らしは息が詰まったけれど、楢葉に帰ると、気持ちがカラッとしている。

 震災の年に作った舞茸は放射能で食べられなくなって、悔しかった。またきのこや野菜を作りたいなというのが、今後の楽しみ。その気持ちがハリになって、元気に暮らせるんですよ」

 明るく、社交的な猪狩さんは、仮設で町内の人と集まって交流を深めていた。将来的には楢葉でも、交流を続けていきたいと仲間と話している。

※女性セブン2015年9月17日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
避難73才男性 ドイツからのワイン提供に「焼酎の方がいい」
原発警戒区域住民 廃業ホテルから復活への第一歩踏み出す
原発20km圏内に残る母 避難所行けぬ理由に息子のてんかん

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP