ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ホテルオークラ 「銀座久兵衛」と営業をめぐって話し合い中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 英国のダイアナ妃、ジョン・レノンらが宿泊したホテルオークラ東京が建て替えのために53年の歴史に幕をおろし、9月1日から別館だけでの営業となった。それに伴い、本館に店を構えていた名だたる高級飲食店も別館に引っ越したが、なぜか明かりの灯らないテナントがある。2階の奥に位置する高級寿司店『銀座久兵衛』だ。ホテル関係者がいう。

「当初は他店と同様に1日からの営業を予定していましたが、未だオープン日は決まっていません。久兵衛がオークラから撤退するという噂も囁かれています」

 久兵衛は本館では和食料理店『山里』の一部スペースで営業していたが、移動に伴い、以前よりも広く豪華な店舗が別館に完成済みという。

 本誌記者が久兵衛が入る予定のテナントを訪れると、生成りの無地の暖簾が掛かる入り口には「準備が整い次第、久兵衛様に寿司の提供を始めてもらう」という内容の、オークラ支配人名の貼り紙があった。入り口には鍵がかけられ、店内の様子を窺うことはできない。久兵衛の関係者が明かす。

「ホテル側に払うテナント料が、別館への移動と同時に引き上げられたんです。久兵衛の幹部は“それなら銀座に出店したほうが儲かる”と憤慨していた。金銭面で折り合わず、営業を見合わせているようです」

 久兵衛に問い合わせると、「今はわかる者がいない」とのこと。一方のオークラ広報担当者はこう答えた。

「詳細は契約内容にかかわるので差し控えますが、(久兵衛と)話し合いを続けているのは確かです」

 すでにオークラのHPのレストラン紹介には久兵衛の名前が入っている。両者が手を握る日は近いか。

※週刊ポスト2015年9月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
『軍師官兵衛』の岡田准一に柴田恭兵が「好きなようにやれ」
ホテルオークラ東京本館 創業者の強烈なダンディズムを体現
黒田官兵衛と竹中半兵衛 友情の絆示す逸話を松平定知氏紹介

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。