ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「物々しい」報道の山口組本部 警察と記者が舞い上がっただけ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“日本最大の暴力団”山口組の分裂が明らかになって以降、連日、新聞やテレビでは関連ニュースが流れている。『ヤクザ1000人に会いました!』などの著作があり、いま日本でもっともヤクザに詳しいライター・鈴木智彦氏が、山口組本部で「定例会」が行なわれた9月1日の様子をレポートする。

 * * *
 9月1日、午前9時半、騒動後初の「定例会」(原則月1回)が行なわれる、神戸市灘区篠原本町の山口組本部の裏口でタクシーを降りた。

 あちこちの辻で、マル暴(暴力団担当刑事)がカメラを構えている。会釈をしながら正面玄関まで歩くと、兵庫県警の真っ赤なカラーコーンが置かれ、見慣れない県警広報(現実的にはマスコミが調子に乗らないよう監視・注意する役目)が居並び、三脚が乱立していた。カメラマンや記者は総勢40~50人ほどだろうか。兵庫、大阪、愛知各県警、警視庁など、警察関係者の合計はそれ以上だ。

 ヤクザ記事を生業としている実話誌部隊が見当たらないので、知り合いに電話した。

「新神戸駅で張ってます」

 新幹線から降りてくる姿を撮るという意味だ。実話誌が欲しいのは、騒動直後の親分衆の表情である。本部前に陣取っても、シャッターが開いた瞬間、道路の反対側から門のすぐ奥が見えるだけで、母屋の玄関も車に乗り込む姿も窺えない。普段の定例会では多少サービスがあって姿を見せてくれる直参(二次団体組長)もいるが、今日は期待できない。

 割り込むのも億劫なので端に陣取り、一眼レフを取り出す。

「山口組本部前は物々しい警戒で、緊張感に包まれております!」

 地元テレビ局のレポートに吹き出してしまった。なにしろ山口組の様子はまったく分からないのだ。「警察と記者クラブが舞い上がっている」というのが正確な描写だ。

 騒動の発端は日本最大の暴力団である山口組から、いくつかの有力団体が脱退したことだった。一般の企業とは違うので、本来なら下部組織に独立する自由はないし、他団体に移籍するのも御法度だ。最もやってはいけないタブーと考えて欲しい。脱退はそのままクーデターを意味し、所属していた暴力団と対立することになる。

 暴力団の存在意義を極限まで突き詰めれば、意に沿わない人間は殺すという一点しかない。同業者同士、それも分裂という禁忌のなか、ガラス割り程度なら他のヤクザに笑われる。離脱組が新団体を設立するなら、山口組はメンツにかけて制裁し、殺戮し、潰さねばならない。騒動が長期化すれば、日々の長さの分だけメンツは踏みにじられ、山口組の求心力は低下する。そうなれば抗争の可能性も増える。

 ちなみに抗争とは暴力事件が発生し、報復攻撃があった時を起点にする。存在意義を社会に喧伝したいマル暴と、殺しが飯の種であるマスコミは、抗争の勃発を待ち望んでいるだろう。

 9月2日現在、新団体は九分九厘設立を宣言すると思われる。処分になった組長は13人から1人増え、計14人だ。全員が新団体に参加するとは限らない。今引き返すなら命は取られないからだ。もし新団体の名乗りを上げ、そこに名を連ねれば、戦って勝つ、もしくは長期間存在し続けて新団体を既成事実にする、あるいは引退して若い衆を山口組に戻すしか生きる道はなくなる。

※週刊ポスト2015年9月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
暴排条例対策で山口組 破門状は郵送からファクスに切り替え
司忍・六代目山口組組長が語っていた「弘道会の強さの秘密」
38年ぶりに新創刊の山口組新報 俳句や川柳、釣り特集もあり

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP