ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人間の皮膚のように、「1秒で自然治癒する壁」をNASAが開発!(動画あり)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NASAとミシガン大学の共同開発により、自然治癒する「壁」が開発されました。まるでSFのような話ですが、蓋を開けてみるとその構造はとてもシンプル。

仕組みは
「人間の皮膚」と同じ

ポリマーで作られた壁の中には、酸素に触れると凝固する特殊な液体が入っています。壁が損傷すると当然液体が外へと漏れだしますが、その瞬間急速に凝固し新たな壁へと再生して代わります。

つまりは、人間の皮膚と血液の役割と同じ。しかし、傷がふさがるスピードは1秒とかからないそうです。実際に動画を見てみましょう。

銃弾を受けても
1秒で修復!

研究の共著者であるミシガン大学のティモシー・スコット氏は、科学情報誌「IFLScience!」でその凝固スピードの速さを強調しています。さらに、動画の実験で使用された壁の厚さは1mmですが、10~100ミクロンの薄さまで効力に影響を及ぼさずに生産できるのだとか。まさに人間の皮膚や赤血球と同じレベルのサイズ感で使用できるというから驚き。

もともとは宇宙ステーションの傷の修復を人の手を使わずにできるようにと開発が進められていましたが、将来的にはより安全な航空機の壁や燃料タンクを作るためにも応用が期待されています。

たとえば車の傷も勝手に治るようになったりするんでしょうか?気の早い話かもしれませんが、修復後の状態まで管理できるような技術ができれば、自然治癒能力のある「モノ」が当たり前になる時代も近いのかもしれませんね。

Reference:IFLScience!
Licensed material used with permission by American Chemical Society

関連記事リンク(外部サイト)

レクサスが「ホバーボード」を発表!『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』よりかっこいいかも・・・
NASAの探索機が9年半かけて「冥王星」に到達。その写真に写っていたのは・・・?
日本人が開発!「触れられる3D映像」が世界中で話題。空中に浮くキーボードやディスプレイが現実に・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP