ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Huawei Mate SのForce Touchのデモ動画

DATE:
  • ガジェット通信を≫

タッチの強さを識別して異なる操作を実行できる、いわゆる「Force Touch」技術を搭載した Huawei の新型スマートフォン「Mate S」のハンズオン動画です。Mate S は、Huawei の Mate シリーズの最新モデルとなる Android スマートフォン。狭ベゼルの 2.5D ディスプレイやメタルボディのスタイリッシュな外観、満足のスペック、指紋リーダー付きボタンの便利さ、そして、スマートフォンでは稀な Force Touch の採用によって、IFA 2015 イベントでは最も注目されている一台となっています。特に、Mate S の 128GB モデルに実装されている Force Touch 機能が話題となっていると思いますが、これは、タッチパネルを強く押すと、その指圧によって別の操作を実行できる機能です。Huawei Mate Sの場合はギャラリーアプリでディスプレイを軽く押し込むと、画像の一部を拡大鏡のようにズームできます。また、Fun Scale というデモアプリを利用すると、タッチ時の指圧によって大まかな重さを計測できるほか、画面上のナビゲーションバーを非表示にした状態でも、画面のエッジ部分を強めにタッチすると、アプリアイコン上をタッチしても戻る、ホーム、タスク一覧を表示できる模様です。Source : Android Central


(juggly.cn)記事関連リンク
アディダス傘下のRuntasiticがAndroid対応のスマートウォッチ「Moment」シリーズを発表
Huawei Nexus(Angler)は5.5インチスマートフォン?インドのZaubaに登録される
Android版YouTubeがv10.35.53にアップデート、オフライン保存動画の一括消去が可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。