ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

子宮頸がんワクチン 14才少女副反応で記憶失いほぼ寝たきり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「今日はずっといちにちあたまがいたかった」

「おもいだしてもわすれなみがきてまたきおくがさらわれる」

「右あしがなまりのようにしびれて すごくおもい」

 2013年4月に定期接種化された子宮頸がんワクチン。2010年11月に公費助成が決まって以降、厚労省は積極的に推奨し、その結果、多くの中学生(当時)が接種した。

 しかしワクチンとの因果関係が否定できない副反応の症例が報告され、詳細がわかるまで定期接種を積極的に推奨すべきではない、と2か月あまりで呼びかけは中止された。が、今も定期接種は続いている。

 子宮頸がんの発症はヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスが関係することがわかっており、性交渉を行っていない女性がワクチンを接種すれば、ウイルス感染を防ぎ、子宮頸がんを予防できると予想されるが、実際のところ、その効果は証明されていない。またワクチン接種をきっかけとした慢性的な痛み、しびれ、痙攣、記憶障害などさまざまな症状が報告されており、治療法はまだよくわかっていない。そんな症状に立ち向かう6人の少女とその家族の姿を克明に記録した本が、話題になっている。

 『子宮頸がんワクチン、副反応と闘う少女とその母たち』(集英社刊)の著者でノンフィクションライターの黒川祥子さんが言う。

「2013年に副反応について初めて知った時、こんなことが起きているんだと衝撃を受けました。取材を始めたのは昨年です。ワクチンを打つのはごく普通のお母さんや子供たち。この問題を広く提起できるのは医療の専門家ではなくとも、虐待を受けて傷ついた子供の取材経験がある私の役目だと思いました」(以下、「」内はすべて黒川さん)

 取材を始めて、目の当たりにしたのは“副反応の現実”だった。

「北海道で出会った14才(当時)のA子さんは、今は記憶を失っては思い出し、また失うということを毎日繰り返しています。トイレでの排泄の仕方も忘れてしまうほどで、ほぼ寝たきりの生活を送っています。

 2012年、中学校入学直後に市からワクチン接種の案内が届き、『友達もみんな受けているから』と定められた3回の接種を全て終えました。1回目の接種は5月。直後から原因不明の頭痛や朝起きられないといった副反応が起きましたが、まさかワクチンが原因だとは思わなかった。

 徐々に症状は悪化し、頭痛は酷くなり、学校で失神して全身が動かなくなり、しゃべることさえできなくなりました。しかも、病院に行っても原因がわからない。A子さんは当時の頭痛の痛さを“孫悟空の輪で締め付けられて頭の前をハンマーで殴られるような痛み”と表現しています」

 得体の知れない不安が家族を襲うなか、A子さんの母は子宮頸がんワクチンの被害報道を知った。母はその症状を知って、「娘の症状と全く一緒だ」と思ったという。その後も症状はさらに悪化した。

「翌年3月には足と手が突然震え出し、徐々に震える場所も、回数も増えてきました。『不随意運動』といって自分の意志で体がコントロールできなくなる。顎が外れるのではと思うくらい口が開いてしまったり、足を天井まで高く蹴り上げたり、想像がつかないくらい多様な症状が起きるんです。さらに、食事がのみこめなくなって、点滴で栄養を摂るしかなくなってしまった。回復したかと思えば翌日にはさらに悪化する」

 頭が割れるような頭痛、目玉をくりぬかれるような痛み、勝手に動き出す手足、止まらない痙攣…彼女たちにはいくつもの症状が襲いかかる。

※女性セブン2015年9月17日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
子宮頸がんワクチン 性交渉していない10代、20代女性が対象
子宮頸がんワクチン副反応 膀胱炎・頭痛・記憶障害なども
自分の子への子宮頸がん予防ワクチン 女医の中でも慎重派多数

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP