ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大泉洋 TEAM NACSに「娘入れたい」と発言もメンバーは無視

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 俳優の大泉洋(42)が、TEAM NACSの舞台『悪童』の発表会見に登場した。笑いの絶えない会見場は、もはやコントの舞台? 熱い友情の続く彼らに触発されてか、思わず劇団に入りたくなった女性記者も…。記者たちの座談会を開催!

T美:大泉洋さん率いる、TEAM NACSの記者会見に行ってきたわよ。

S子:TEAM NACSってなに?

I代:北海道ローカルの『水曜どうでしょう』で有名になった大泉さん、っていうことは、やっぱり北海道関係なのかしら?

T美:そう、その通り。

S子:北海学園大学の演劇研究会のメンバーだった5人が集まって作った演劇ユニットなのよ。メンバーは、大泉さんの他は、森崎博之さん、安田顕さん、戸次重幸さん、音尾琢真さん。

I代:最近のドラマや映画で、よく見る顔ぶれじゃない! なんだか、とっても濃ゆ~い感じね。

T美:そうなのよ~! 新しい舞台『悪童』の発表会見だったんだけど、本題はそっちのけでコントがすぐに始まっちゃうのよ。

S子:大泉洋さんらしい…。そのハイテンションぶりは、テレビと変わらないのね。

T美:そうなの。内容を間違えて質問しちゃった記者に「出禁にするぞ!」って言ってイジったり、普段は北海道にいるリーダー・森崎さんが「農作物の収穫があるからいけない」って、メンバーの結婚式を欠席したことを暴露したり…。

I代:おもしろすぎる! 会見なのに、テレビの収録を見てるみたいね。

T美:そうなのよ~。イジられた記者も、まんざらでもなさそうに照れ笑いしてたわよ。

S子:和気あいあいとしてたのね。そんなにぎやかな5人だけど、私生活では、5人中3人が、パパだって聞いたわ。おうちの中だと、どんな感じなんだろうね。

T美:大泉さんが、娘さんの話をしてた! いま、4才なんですって。

I代:あら~! いちばんかわいい時じゃない。

T美:かわいくてしょうがないみたいで、会見中突然、「ウチの娘を、『TEAM NACS』に入れよう」って言い出したのよ(笑い)。

S子:やだ、親バカじゃない(笑い)。

T美:「ウチの娘ならいいよな? な?」って、4人に賛同を求めようとするんだけど、誰も目を合わせないで生返事してて…。

I代:またもや、コントみたいな流れね(笑い)。でも本当に、息がぴったりの5人ね。相当、仲もいいんでしょうね。

T美:それが、おかしなことに、「仲はぜんっぜん良くないです」って否定するのよね~。実際、演劇を真剣にやってると、意見の違いが出て来て、対立することもあるみたい。

I代:ふざけているようでいて、稽古にはガチなのね。かっこいいわ。

T美:そうなのよ。しかも、大泉さん、最後に「『親友』とは言わないけど、今でも一番笑わされるのはこいつら」って締めくくってて、こういうつながりっていいな、ってジーンと来ちゃった。

S子:素敵ね! わたし、「TEAM NACS」に入りたくなってきちゃったわ…。

I代:紅一点として? やめときなさい! きっと誰も目を合わせてくれないわよ!


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
2010年の岡村隆史の休養 病院診察を勧めたのは大泉洋だった
大泉洋 『まれ』撮影現場の差し入れはいつもスープカレー
小沢一郎氏 記者クラブメディアに最終戦争を仕掛ける

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP