ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

西郷輝彦 あまり前向きでギンギンの二枚目やめようと思った

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 歌手デビューののち俳優業を始め、時代劇では凛々しい二枚目を演じることが多かった西郷輝彦だが、最近ではどこか朴訥とした人情派の顔を見せている。なぜ、異なる顔を見せるようになったのか。映画史・時代劇研究家の春日太一氏の週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』からお届けする。

 * * *
 西郷輝彦は1980年代から1990年代にかけて『大岡越前』などのテレビ時代劇でナンバー2的な役を演じる一方、テレビ東京の『あばれ八州御用旅』(1990年)では白頭巾・二刀流で悪を成敗するヒーローを演じた。

「脇役に関しては『独眼竜政宗』以外は自分でやりたくてやった役はあまりないですね。頼まれたから出る、という感じでしたが、やっているうちに愛着が湧いてくるんですよ。それで『よし、じゃあそれなりに作っちゃおう』と少しずつ変えていくと役が面白くなっていきます。自分が楽しくなるように、キャラクターを変えていくんです。それでも、『脇役』と思ってやったことはないです。結果的にそうなればいいことですから。

『あばれ八州』の白頭巾と二刀流は、自分でやりたくて提案しました。おそらく、もうこれからそんなに時代劇はやれないんじゃないかという予感があったんですよ。あの頃、すでにだいぶ減っていましたから、いつまでも続かないんじゃないかと思っていました。それならば、やれるうちにやりたい時代劇をやっておこうという。あれは僕の子供の頃のヒーロー像です。

 ただ、二刀流での立ち回りは踊りがちゃんとできていないと、バラバラなものになってしまいます。そこは東映剣会(※東映京都撮影所の殺陣の技能集団)の殺陣師の方が一緒になってやってくれましたね。そういう関係で、今でも剣会の特別会員なのは、役者では僕一人だけです」

『警部補佃次郎』(日本テレビ)、『温泉医(ぽっかや)殺人事件カルテ』(テレビ朝日)など、二時間ドラマでの主演作が数多い。これらのドラマでは、時代劇での凛々しさから一転、どこか朴訥とした人情派として演じている。

「下手するとすぐに時代劇になっちゃうので、現代劇をやる時は『どうしようか』って、よく考えます。それで、あまり前向きでギンギンの男として演じるのはやめようと思いました。フニャっとしたのもいいんじゃないか、と。そういうキャラクターが謎を解いて凄い事件を解決するのが面白いと思ったんです。それで二枚目はやめようと。

 それこそ森繁久彌さんの言っていた『しなやかな柳』じゃないですが、あまり角がない、カチンカチンな感じのしない芝居を心がけています。ただ、自分の中には染みついた嫌な部分があるんですよ。黙って台本を読むと、すぐに二枚目で読んでしまう。本当はセリフをもっと裏読みしないといけないのに。
 
 このセリフをどう受け取るか。この時に、この男はどういう気持ちでいるか。そういうことを考えるんじゃなくて、二枚目としての決まったスタイルの喋り方で行ってしまう。ですから、それだけは絶対にやめようと思っています。結果として、違う意味での二枚目になればいいんです。

 自分としては、『こんな奴いないよ』と思うような役はやりたくない。『こういう人、いるよね。面白いね』というような役じゃないとできません。たとえばワルをやるにしても、『結果としてそうなってしまった』という、意味があって悪いことをしているようなワルがいいですね」

■春日太一(かすが・たいち)/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』『あかんやつら~東映京都撮影所血風録』(ともに文藝春秋刊)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社刊)など。本連載をまとめた『役者は一日にしてならず』(小学館)が発売中。

※週刊ポスト2015年9月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
『水戸黄門』番組終了で若者からも「やめないで」コール発生
伊吹吾郎 「脇役が話を動かす。だから脇役の方が面白い」
今、時代劇がアツイ理由「自由で気持ちいいくらい楽しめる」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP