ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「本当の友達」を見分ける、たった4つのポイント

DATE:
  • ガジェット通信を≫

友情を実感できる要素を、端的にまとめたのがこの記事です。親友、心の友、大の仲良し、腐れ縁。あなたの人生から切っても切り離せない「友達」。
家族よりも恋人よりも、あなたのことを理解していたり。彼らが他の友人たちと決定的に違うのは“ココ”です!

01.
「理屈は通ってない」
感覚的にわかり合える

友情はいわば、直感的な愛情です。あなたが信頼をよせれば、その感情は連鎖していくものです。言葉よりもむしろはるかに理解し合えるのが、彼らの態度。何を言わんとしているのかを行動で示しているようなもの。何も言わなくたって、気持ちが通じ合い、何でも理解ができるはず。

02.
「例えば30分でも」
時間をつくってくれる

本当の友情を感じる人は、あなたのために時間を「見つけてくれる人」ではありません。あなたのために時間を「つくり出してくれる人」のこと。
たとえどんなに忙しくとも、自分の作業を投げうってでも、あなたのために時間を捻出してくれる。「ちょっと忙しくてさ」なんて、絶対に口にしないはずです。

03.
「素直になる」
そんな必要が、そもそもない

本当に仲の良い友だちだったら、「素直になんなよ」なんて言葉は聞かないはずです。だって、何も隠す必要がないのだから。信頼をよせる友人たちには、当然ながらギブアンドテイク。あなたの方から、一方的にコントロールしたいなんて思わないでしょ?同じように、彼らだって、あなたからの許可をいちいち必要とも思わない。仲間と呼べる人たちは、いつなんどきも、あなたをあなたのままでいさせてくれます。

04.
「当たり前じゃない」方法で
慰めてくれる

どんなにあなたがひどく落ち込んだり、「最悪」と感じるときでも、心の友と呼べる友人たちは、いつだってあなたの側にいてくれるはず。でも、彼らが本当に望んでいるのは、あなたが人生のどん底から立ち上がり、人間としてさらに成長してくれること。
わざと茶化してみたり、意地悪なことを言ったりもするかもしれません。それでも、あなたが立ち直るまで、決してサポートを惜しまないでしょう。

「真の友情よりも尊いものなど、この地球上には存在しません」

ルネサンス期の終わりに活躍した、イタリアの神学者・哲学者のトマス・アクィナスの言葉です。いま一度、友情の価値を思い出してみませんか?

Licensed material used with permission by Higher Perspective

関連記事リンク(外部サイト)

幸せに生きるために、付き合わない方がいい「7タイプの人」
「蟹座の人」と一緒に、夏を過ごすべき10の理由。相談相手にもピッタリ!
早起きが人生で成功する11のワケ。「夜にアイデアを出して、朝に実行!」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP