ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ニンテンドーDSの使われなかった機能とは? タッチパネルに隠れた謎のセンサー

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
謎の温度センサー TSC2046

『ニンテンドーDS』発売以来全く使われなかった機能があるのはご存じだろうか? 『ニンテンドーDS』にはタッチパネル、マイク(音声認識)、WiFi、赤外線、『ニンテンドーDSi』では更にカメラデバイスが追加された。

そんな『ニンテンドーDS』で全く使われなかった機能があるのだ。それは「TSC2046」と呼ばれる温度センサーだ。タッチスクリーン部にそのセンサーがあるのだが、温度センサーは2つ内蔵されておりタッチセンサー部分で温度を測ることができる。しかしこの温度センサーを使ったソフトは実質発売されていない。

個人で作られた『NDS温度計』というソフトが唯一の対応ソフトだろうか。このソフトはソースコード付きで『ベクター』からダウンロード可能。しかしndsファイルを動かすには特殊な環境が必要となる。

この一切使われなかった「TSC2046」と呼ばれる温度センサー。なんのために内蔵されたのだろうか。

NDS温度計(ベクター)

■関連記事
新しいWiiの実機写真キタ-! 世界に1台だけの水冷式Wiiでした
Galaxy端末の画面キャプチャーを更に便利にするアプリ
地震予測アプリ『ゆれくるコール』のAndroid版がβリリース 先着1万名限定
バードカフェ横浜店がひっそり復活? ぐるなびページのURLが一致でバレバレ
KDDIが“デザリング”を商標登録したあとに“テザリング”を登録し直し 「てへ 間違えちゃった」

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。