ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

衝撃!野生の動物たちのガチすぎるベストファイトTOP5【動画】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

衝撃!野生の動物たちのガチすぎるベストファイトTOP5【動画】

野生の動物たちは常にガチの世界で生きている。厳しい生存競争の中、我々の知らないところでも日々続いてるアニマルファイティングの世界から、紛れもなく人間臭い戦いばかりを集めたランキング映像が届けられた。

https://youtu.be/5WgE19G7oI4

まずは近年テレビなどでも定番になったキリンのドつき合い。長い首を使ってぶつかり合い、時には片方の首が折れて死んでしまうほど過酷と言われるオスのキリン同士の戦い。しかし、なぜかこいつらは、ローばっかりを狙う塩試合を展開した。「アリキックかよ!」と突っ込みたくなるほど執拗にロー。しなる首が足ばかりを狙う姿は、まるで往年のK-1王者アーネスト・ホーストを彷彿とさせる。

続いてクマがなぜか顔を近づけ合い過ぎているマッチアップ。川の濁流の中で闘うあたりも意味不明で、昔の「ファイト一発!リポビタンD」風だが、どうしてそんな動き難いところを選んで闘うのか?顔を近づけてはお互い「アー」と大声を上げて睨み合う姿も熱い。

そして、レスリングみたいな技術をみせる大きなワニの対戦。そもそも正面ではなく尻尾から攻める、このワニのたぐいまれなレスリング能力が垣間見える。足に噛み付いて回転しながら間接を固めるというノゲイラの柔術並みのテクニックに痺れる。

次もブラジリアン柔術系。ライオンの中にも一撃でガブリと決めちゃう奴もいれば、ちんたらやってるドン臭い奴もいるようで、シマウマを捕まえたものの、スリーパーから三角締めという、下からの攻めでなかなか攻略できないメスライオンの姿。最後はとうとう三角締めをはずされ、後ろ蹴りを食らい、逃走させてしまう失態。

最後が、究極にマヌケ王者にふさわしい戦い。頭と頭、トナカイ二匹の激しいぶつかり合いがなぜかブランコのそばで勃発。最初こそ角を合わせガチガチの押し合いが続くが、片方の角にチェーンが引っかかりロープに足がひっかかったレスラー状態に!しばし不利な戦いが続くが、最後は路上に引きずり出されて完全KO。思わず笑ってしまうが、彼らは常に本気なのである。

関連記事リンク(外部サイト)

ざわちんもビックリ!映画『スーサイド・スクワッド』のジョーカーになれるメイク術がMADすぎる
タイの防犯カメラのCMが悲しすぎると話題に  「あなたが目を閉じている間、真実が見過ごされている」 
シティ・オブ・ゴッド!ブラジルのギャング集団がヤバすぎる ダイナマイトでATMを爆破【動画】
衝撃!野生の動物たちのガチすぎるベストファイトTOP5【動画】
海ドラ『ゴッサム/GOTHAM』と映画『バットマン』シリーズが実は似ている7つのポイント [PR]

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。