ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最新詐欺 「個人情報漏れてますよ」→「削除費用ください」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2014年に全国の警察が把握した特殊詐欺(対面することなく、電話やメールなどで現金などをだましとる犯罪の総称)の被害総額は約565億5069万円に上り、過去最高を記録した。

 詐欺グループは年々、その手口を功妙化させているが、これだけ被害が大きく広がり、さまざまな方法で注意が呼びかけられているにもかかわらず、なぜ、だまされる人はあとを絶たないのだろうか? 特殊詐欺の最新手口と対策を紹介する。被害に遭わないために、最新の特殊詐欺の手口を専門家に聞いた。

 ある日、「あなたには老人ホームの入居権があります」という封書が届けられる。後日、業者を名乗る人物から電話があり、「ホームへの入居希望者がたくさん待っている。人助けと思って名義貸しをしてほしい」と言われる。そこで話に乗ると、別の人物からの電話で「名義貸しは犯罪だ」と指摘され、示談金を要求される。『あなたはこうしてだまされる 詐欺・悪徳商法100の手口』(産経新聞出版刊)の著者で、悪徳商法評論家の多田文明さんは言う。

「グループ内で役割を分担して詐欺を行う、劇場型と呼ばれるタイプです。人助けと言われて、つい協力してしまう人のよさを狙っています」

 続いて個人情報にまつわる詐欺の手口。

 最初に個人情報を引き出す目的の電話がかかってくる。相手は年金機構など、公的機関を名乗ることが多い。次に別の人物から連絡がきて、「あなたの個人情報が漏れていますので削除しますか」と尋ねられる。依頼をすると、後日、「代理人をたてる必要がある」と電話があり、NPO法人を紹介され、削除費用としてお金を巻き上げられる。

「これも劇場型の一種です。個人情報の漏洩事件が起こると、詐欺犯は待ってましたといわんばかりに暗躍します」(多田さん)

※女性セブン2015年9月17日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
詐欺利用前提の「やられ名簿」 成功率を高めるための工夫アリ
警察当局が注意を喚起している「東京五輪詐欺」の手口を紹介
地方から直接お金を持参させる「上京型」等最新詐欺事例紹介

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP