ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

4コマ漫画風実験ドラマ『となりの関くんとるみちゃんの事象』がシュール&中毒性がスゴすぎる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

視聴率的には数作を除き総崩れ状態の夏の連ドラ。といっても今期に限らず、ここ数年ドラマの低落傾向は続いている。内容以前に、スマホ時代でテレビ離れが加速し、特に腰を落ち着けて観るドラマには逆風になっているようだ。
そんななか、深夜でチャレンジに気を吐くのが『となりの関くんとるみちゃんの事象』(MBS・TBS)。

正味25分ほどの中に『となりの関くん』と『るみちゃんの事象』の2本立てで、この学園ショートドラマがおかしな味わいを醸し出している。テレビで4コママンガを観ているような感覚だ。

共にマンガ原作(4コマではない)。『となりの関くん』は教室の隅の席で授業中に机の上で何かして遊んでいる関くん(渡辺佑太朗)と、それを隣りの席で見ている横井さん(清水富美加)の話。清水は朝ドラ『まれ』の一子役などで人気上昇中のバラエティ系女優だ。
関くんが机の上でやる遊びはドミノ、一人将棋、棒倒し、ミニラジコンなどだが、どれも手が込んでいる。大量の消しゴムを使ったドミノでは、シーソー、連続S字、立体交差を作って、小さなロープウェイで後ろの荷物棚の上まで行き、最後は打ち上げ花火(の絵)が出たり。それを真面目な横井さんがハラハラしながら見入ってしまう・・・というだけのストーリーだ。関くんはひと言もしゃべらず、横井さんもほぼ心の声のみ。清水の顔芸が面白い。そんなことをしていたら先生に見つかるだろう・・・なんてことは言いっこナシで。

『るみちゃんの事象』は10数分をさらに4本立てに分割。チョビヒゲを付けて登校してきて「ドジっ子になりたい」と嘆いたりする摩訶不思議な女子高生・るみちゃん(トミタ栞)が周囲を振り回すコメディ。バイトの面接で履歴書と称して”馬っぽい亀の絵”を出したり、勤務は「週ゼロでお願いします」と言い放ったりで、特にオチはない。「舎弟だから」とカッパを電話で呼び出したりもして、投げっぱなしのドラマだが妙に笑える。トミタ栞は歌が本職のアーティストで、ドラマは初出演。『sakusaku』(tvk)のMCなどでエキセントリックな天然キャラが知られ、るみちゃん役には「役作りの必要がない」とも言われている。

テンポ良くシュールなギャグを入れ込んでくるのが4コママンガ的で、深夜にユルッと観るのにちょうどいい。とはいえ、ネットでは評価に賛否両論ある。「実写でやるのはキツイ」「意味不明」といった否定派から、「なんじゃこりゃ?の世界がいい」「深夜にワロタwww」といった賛成派まで割れている。ハマる人は深くハマるようではあるが。

いずれにせよ、賛否が真っ二つになる実験的ドラマを、深夜とはいえキー局が放送した姿勢は評価すべきだろう。それをゴールデンタイムでも・・・という意味ではないが、閉塞状況のドラマシーンに風穴を開ける試みはもっとあっていい。

文・斉藤貴志

https://youtu.be/D5VRH25EI94

■参照リンク
『となりの関くんとるみちゃんの事象』公式サイト
http://www.drama-sekirumi.com/

関連記事リンク(外部サイト)

海ドラ『ゴッサム/GOTHAM』と映画『バットマン』シリーズが実は似ている7つのポイント [PR]
元SPEED・今井絵理子と島袋寛子が31歳のプライベート姿を公開 「時の流れを感じる」「大人になった」
ディズニー人気ヒロインをイメージした口紅を「塗ってみた」写真が投稿されまくって話題に
4コマ漫画風実験ドラマ『となりの関くんとるみちゃんの事象』がシュール&中毒性がスゴすぎる
団塊の世代の父と子で『バケモノの子』になりきってみた

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP