ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元iPod開発者が発表したスマート温調装置「Nest Thermostat」がモデルチェンジでさらに進化

DATE:
  • ガジェット通信を≫

AppleでiPod開発を率いたTony Fadell氏が創業し、2014年にGoogle傘下に入ったスマート家電メーカーNest社から、自動的に所要の温度に調節するサーモスタット(温調装置)「Nest Thermostat」の3世代目のモデルが発表された。

・元iPod開発者のスマート家電ベンチャー

アメリカでは、前回のモデルが電気代をセーブし、省エネ生活を勧める電力会社が推奨する商品となった。新型は40%も大きく、分かりやすくなった8.3cmのスクリーンと3.4cmの薄型のボディー、そしてスマホで外から操作できる新機能が特徴だ。

・生活パターンも学習するスマート家電

高性能のモーションセンサー付きで、家に誰もいなくなると自動的に空調をオフにする。

何日か使っていると、ユーザーの生活パターンを学習する機能があるので、何もしなくても好みの温度で過ごすことができる。

・スマホで外出先からもスイッチ・オン!

また、外出先からスマホ経由で操作も可能。外の天気が悪くても、一歩先に家の中を快適な温度にしてくれる。ペットを留守番させている家庭には嬉しい機能だ。

子供でも扱いやすい「Nest Thermostat」。新型には煙センサーが追加されるなど、安全面にも配慮している。煙を感知すると、それ以上、煙を広げないよう空調を自動停止。緊急アラームを作動させる。

アメリカでは249ドルで販売中。

「Nest Thermostat」の日本での発売は未定となっている。スマホで操作するスマート家電の波に乗って日本にも上陸するのか…今後の展開に期待したい。

「Nest Thermostat」

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。