ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プロ最年長・73歳のオートレーサー「75歳まで頑張りたい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 直線を時速150kmで駆け抜け、120kgの車体をぎりぎりまで傾けてコーナーに突っ込む──。そんなスリリングなオートレースの世界で73歳の「おじいちゃん」が現役を続けている。1941年生まれの谷口武彦選手である。

 日本のプロスポーツ界の中で現役最年長で、公営競技最年長勝利記録を持つ。今年8月19日のレースでも勝利し、自らが持つ記録を7月に続きまたまた更新した。

 谷口がこの世界に飛び込んだのは1966年、24歳のとき。「バイクのふるさと」浜松で生まれ育って子供の頃からバイクが大好き。11歳年上の兄が先にオートレーサーになり、憧れが募った。それ以来、今年でちょうどキャリア50年目。現役でいられる秘訣を聞くと、

「一流選手はプライドが高く、結果が出なくなると引退する。でも、私はプライドがないからいつまでもぶら下がっていられる(笑い)」

 実際、谷口は大きなレースで勝ったことはほとんどなく、ランキングは下位。だが、「プライドがないから」は謙遜だろう。

 谷口には30年間続けていることがある。ひとつは出場レースの仔細な記録。試走タイム、レースタイム、レース結果に始まり、天候やマシンのチューニング方法などをノートに付け、スランプに陥った時などに条件の似た過去のレースを振り返り、参考にする。

 もうひとつはレースがない日に2時間かけて行なうウエイトトレーニング。谷口は身長158cmと小柄だが、胸囲は73歳の今でも1m以上ある。3年前、レース中に転倒して後続車が背中に乗り上げたが、鍛え上げた身体は無傷だった。

 現在は浜松市内の一軒家に一人住まいしている。44年余り連れ添った妻は昨年3月に他界。夫人の病気が発覚したとき、谷口は選手生命の最大の危機を迎えた。

「引退して看病に専念しようかと思ったんですが、『看病にのめり込んだら生活が乱れ、身体を壊す』と姉に説得され、レースを続けました。死に目には会えませんでしたが、もしあの時引退して自分で看取っていたら悲しすぎて首を吊ったかもしれません」

 このときばかりは声が潤んだように聞こえたが、すぐに明るい声でこう続けた。

「女房もあの世できっと『ボケ防止のためにもう少し続けなさいよ』といってくれているんじゃないですか。レースの緊張感が好きなんです。まだまだ75歳までは頑張りたいです」

◆谷口武彦(たにぐち・たけひこ):1941年11月28日生まれ。静岡県浜松市出身。浜松オート所属の最年長レーサーで、公営競技最年長勝利記録保持者。通算勝利数626回(8月27日現在)。

撮影■渡辺利博 取材・文■鈴木洋史

※週刊ポスト2015年9月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
宮本慎也 大卒・社会人出で古田敦也氏以来の2000本安打間近
中日・山本昌 30年間同じ球団でプレーしONより幸せと思う
金田正一氏が後悔「名球会の入会基準が記録への執着生んだ」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP