ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高須院長が中国予測「経済失敗ごまかすために攻めてくるか」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高須クリニックの高須克弥院長が世の中のさまざまな話題に提言していくシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、経済崩壊間近と言われる中国についてお話をうかがいました。

 * * *
──アジア周辺の情勢となるとやはり中国の話題になるのですが、いよいよ中国経済が崩壊寸前と言われています。

高須:7月にモンゴルで朝青龍と会ってきたんだけど、朝青龍も中国経済をすごく心配していたね。「バブルが崩壊しちゃったらどうしよう」って。

──中国経済は、モンゴルにも大きな影響を与えるんですね。

高須:そうみたいだね。モンゴルはチベット密教の信徒が多くて、ダライ・ラマ猊下がモンゴルを訪問する予定だったんだけど、中国側の圧力でモンゴルが訪問を断ったみたいなんだよ。モンゴルとしても中国に頼っている部分が大きいから、背に腹は代えられないという状況なんだろうね。

──なるほど。でも、中国の経済状況は想像以上に危ないと言われています。

高須:本当はもうバブルも崩壊しているんだと思う。ただ、中国株が大暴落でもしようもんなら、世界経済に対する影響も大きいから、政府が買い支えたりなんかして、どうにかごまかしているのかもね。まだ外貨の蓄えもあるだろうし。

──状況としては、本格的に崩壊するのを待つだけといった感じなのでしょうか…。

高須:そうだと思う。中国としては、今のギリギリの状況をチャラにするには戦争を起こすのがいちばん簡単だと思うよ。そうすれば、国民も国外に目を向けて、国内の経済なんか気にならなくなるわけだからね。外に敵を作って、経済政策の失敗をごまかそうとするしかないんじゃないかな。

──今回の軍事パレードや、太平洋沿岸でアジア諸国に対し強硬な態度をとっているというあたりに繋がってくるんですね。

高須:そう。戦争をしたいのは中国。少なくとも安倍さんではないよ。安倍政権は安保法案をソフトランディングさせようとしているわけでしょ。ここで中国が攻めてきたら、本当は話がややこしくなってしまうだけ。そもそも、安保法案は中国からの攻撃に対する抑止力という意味合いもあるわけだからね。

 そういう意味だと、安保法案は完全に戦争をさせないためのものなんだけど、反対派の人たちはどうしてそこが理解できないのかなぁ。反対派のデモだと「戦争に行きたくない」とは言ってても、国外からの脅威にはあんまり言及してないみたいだしね。

──中国は現在、どうにかこうにか延命を続けているという状況だと思うのですが、院長の読みでは、あとどれくらい持たせることができると思いますか?

高須:数年のうちに体制が大きく変わるんじゃないかと思ってるんだよ。中国政府は今“粛清モード”だと言われてるけど、私腹を肥やす役人をどんどん片付けて、引き締めている状況なんだろうね。中では相当危機感を抱いていることは間違いない。早くて2年くらいで大きく変わると思う。

──今後、日本は中国とどう付き合っていったらいんでしょうか?

高須:政府は向こうの出方次第っていう部分もあるけど、少なくとも民間では今の段階では上手に付き合っていると思うよ。日本の美容整形でいえば、中国からの患者さんがものすごく多いしね。みなさん、ここ(高須クリニック)に来て、よく中国政府の悪口を言っているよ(笑い)。で、僕が冗談で「心配することないよ、上海や北京の病院と同じ薬を使ってる」って言うと、みんな顔色を変えるんだよ。「それだけはやめてくれ!」って(笑い)。

──以前は美容整形といえば韓国というイメージが強かったんですが、それも変わりつつあるんですね。

高須:ちょっと前なら、韓国の美容整形の売り上げの半分近くが中国人の患者によるものって言われてたんだけど、トラブルになることも多かったみたいで、どんどん減ってるようだね。それで今年6月に韓国でMARSが流行したところで決定的になった。中国から韓国への「美容整形ツアー」っていうのもたくさん企画されていたみたいだけど、それもどんどん日本へのツアーに切り替わってるみたいだね。

 いずれにしろ、民間レベルでは日本と中国の関係はあまり変わらないだろうな。そもそも中国人って、国に対する帰属意識がそんなに強くないからね。「中国人」というよりも「上海人」とか「福建人」とか、そういう意識のほうが強いはず。だから、体制が変わっても、その人たち自体は変わらないんだよ。

 * * *
 中国の体制が数年のうちに変化すると予測しつつも、民間での関係性は大きく変わらないと見る高須院長。ちなみに、高須クリニックには、中国の富裕層が多く来るとのこと。中国人の日本での“爆買い”はまだしばらく続きそうだ。

【プロフィール】
高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。著書に『バカにつける薬 ドクター高須の抱腹絶倒・健康術』(新潮OH!文庫)、『私、美人化計画』(祥伝社)、『シミ・しわ・たるみを自分で直す本』(KKベストセラーズ)、『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)、『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)など。最新刊は『筋と義理を通せば人生はうまくいく』(宝島社)。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
高須クリニック院長解説 美バスト&安全豊胸術学ぶセミナー
高須克弥&西原理恵子が2人揃って熱愛宣言 すでに交際2年
高須克弥院長 「明日ママ」のCM自粛は制作者にとっても屈辱

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP