ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

猫ひろし語る手抜き大会事情 距離45km、20分早くスタートも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 芸人でありながらオリンピックを目指し、4年前にカンボジア国籍を取得して話題となった猫ひろし(38才)。日本とカンボジアを行き来している猫ひろしに、カンボジアのマラソン大会での手抜き大会事情、今年6月の大会で浮上した陰謀説などについて語ってもらった。

――猫さんはマラソンランナーとしても有名ですけど、ランナーと芸人、どちらのウエイトが高いのでしょうか?

猫:足が速い芸人というスタンスでやっています。レギュラーのライブなどで、月に7、8本お笑いライブに出ていますよ。でも8割方、マラソンの仕事ですね(笑い)。ぼくの子供が4才で、パパは人前に出る仕事だとわかってきたんですけど、テレビではだいたい走ってるし、家でも走りに行っているので、ランナーだと思っていますね。

――最近、お笑いのネタを作ってますか?

猫:作ってますよ! 1日5個くらい作ってるので、相当の数になってます。1兆個くらいはあるかな。使えるのは30個くらいなんですけど(笑い)。

――カンボジア語は、どれくらいできますか?

猫:日常会話はできますよ。「チョムリアプ スーア。クニョム チュモ チュマ ヒロシ(こんにちは。ぼくは猫ひろしです)」。喋るのはできるんです、耳から入るから。でも読み書きが難しくて、毎日空き時間に勉強しています。カンボジアの子供が見たら笑われるくらいのレベルです。

――日本とカンボジアは、どれくらいの割合で住んでいるんですか?

猫:だいたい、日本9か月、カンボジア3か月くらいですね。在日カンボジア人です(笑い)。日本で仕事をして、カンボジアで走ってるんですよ。カンボジアでは完全にランナーなんです。日本は出稼ぎですね(笑い)。

――カンボジアには、お友達は?

猫:選手はみんな友達です。ガイドさんとか、トゥクトゥクってバイクタクシー運転手さんとか。カンボジアって野犬が多くて危ないんですよ。だから走りに行く時についてきてもらうんです。ぼくは走って相手はバイクで、走りながら単語を出してもらったりします。そのほうが覚えるんですよね。あと給水もやってもらいます。

――カンボジアで一番びっくりしたことは何ですか?

猫:マラソン大会で言えば、日本では給水で紙コップが置いてあって、口を潰して飲むんですね、走りながら飲みやすくなるから。カンボジアでも紙コップが置いてあるんですけど、ストローがさしてあったんですよ。飲みやすいと思うかもしれないけど、走ってるとストローが咥えづらいんですよね。それに、肺活量を使うから力を消費してしまうんです。

 しかも飲んだら、中が炭酸だったんです。喉がシュワシュワッとして、みんな吐いてるんです。その大会、メインスポンサーがコカコーラなのに、ペプシコーラが入ってたんですよ(笑い)。日本じゃありえないだろうって。普通は水か、スポーツドリンクですからね。

 あと、去年ぼくが1位になったカンボジアの大会があって、マラソンって42.195kmですよね。なんかタイムがいつもより遅いなと思ったら、GPSの時計を見たら、45kmだったんです。ぼくの時計がおかしいのかなと思って、他の人のを見ても、みんな45kmなんですよ。3km長かったんです。それに対して、誰も怒らないんです。びっくりしますよね。

――日本国籍がなくなって、不便なことは?

猫:ありますよ。日本に入るときは来日になりますよね。今までは普通に入れたんですけど、再入国だから、外国人がいっぱいいる所で待たなきゃいけないんです。それに日本人の空港の係の人と目が合うと、鉄板で笑うんですよね。「ああ!」って(笑い)

 あと漢字が使えないので、アルファベットになるんです。不便なので今は通名を取りましたが、免許書や保険証はTAKIZAKI(本名)って。あと日本の戸籍がないので、選挙権がないし、2人目の子供が生まれたら、ハーフになるんだろうなって思います。

――6月7日にシンガポールで開催された『東南アジア競技大会』では、陰謀説がありましたよね。スタッフが折り返しを意図的に示さなかったと。

猫:ぼくがコースを間違えただけです。

――陰謀説がデマ?

猫:ぼくが先頭を走っていたんですけど、普通なら先導者がいるじゃないですか。いないんですよ。Uターンのところにも、係りの人がいなかったんです。それで、Uターンの場所がわからなかったんです。

――国際大会で先導者がいないのは、よくあること?

猫:普通はついてますよ、バイクとかで。でも6月はいなかったんですね。Uターン地点にも誰もいなくて、気づかずにまっすぐ行ったら、「ノーノー!」って観客が言うんです。「ミステイク、Uターン!」って。あ、間違えたと立ち止まったら、みんなついてきていたので、トップグループの一番後ろのやつが一番になっていました(笑い)。みんなが間違えたから、そこから先導の自転車が入りましたね。

――つまり陰謀ではなく、開催側の手抜き?

猫:はい、手抜きです。そういう大会がすごく多いんです(苦笑)。

――どれくらいオーバーしたんですか?

猫:数メートルです。ドリフのコントみたいでしたよ。ぼくが間違えたらかみんなついてきて、「あれ? あれ?」って、みんな立ち止まって戸惑ってみたいな(笑い)。

――カンボジアではよくあることなのですか?

猫:たとえば、朝6時半スタートのマラソン大会があって、20分巻いて突然スタートしちゃったりするんです。6時10分になったら予告なしに、スリーツーワンどんって。訳がわからなくなりながら走ることが、普通にあるんです。トラブルばっかりなんですよ。日本人がいたらびっくりすることが、国際大会でも平気で起こるので、そういう事が今はネタになって、大変ですがすごくおもしろいです。

【猫ひろし】
1977年8月8日生まれ。千葉出身。2003年、芸能界デビュー。『オールスター感謝祭』(TBS系)のマラソン企画で好成績を出したことをきっかけに、本格的にマラソンに取り組む。2011年11月にカンボジアにて五輪代表になるべく国籍を変更し、話題となった。現在リオ五輪に向け、精力的に活動している。『猫ひろしとジョニー大蔵大臣のキバRunラジオ』(レインボータウンFM・毎週水曜・21:00~22:00)レギュラー出演中。

撮影■林紘輝


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
“韓国人は王子様”などの文句に騙されカンボジア女性売買も
猫ひろし マラソン五輪代表決定にカンボジアの英雄は異論あり
カンボジア人記者「猫ひろしに代表になって欲しい人いない」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP