体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GoogleのCEOが大切にする10のコト「毎朝、ワクワクできてるかい?」

Handsome man working at office

「アイデアに価値はない。それを実行できてはじめて価値になる」。そう言い切るのは、Google CEOのラリー・ペイジ
起業家のジェームス・アルトゥーカー氏が、自身のウェブサイトラリー・ペイジの言葉を紹介しています。彼がここまで成功できた秘訣とは?

google-ceo-words1508901-21

01.
バロメーターは
起きた瞬間の「ワクワク感」

「世界を変えられると信じることが大切。そう思うことで、毎朝ワクワクした気持ちで目覚めることができるのだ」

人生を幸せに生きるには、以下の3つのことが必要です。

成長を感じられること
お互いに良好な関係であること
選択の自由があること

ワクワクした気持ちで目を覚ましていたら、幸せな人生を送っている証拠。
多くの人が抱える問題のために働けば、上記3つのことは自然と手に入ります。
朝目覚めた時にこう尋ねるようにしましょう。「私は今日、誰を救うことができるか?」と。みんながスーパーヒーローなのですから。

02.
昨日を越える今日のために
決して満足しない

Glasses160903-04

「小さな向上ではなく、革命的な変化が必要なんだ。特にテクノロジーにおいてはね」

これで十分だと思い、諦めてしまう人がほとんどではないでしょうか。家族のため、または定年退職のため、ある程度満足したところでやめるのです。
ある程度のことで満足する人もいますが、起業家のイーロン・マスクは、宇宙船を作りました。ラリー・ペイジは、すべての知識を検索できるようにしました。
起業家のエリザベス・ホルムズは、針を刺すだけですべての病気を診断するシステムを生み出しました。作家のアイザック・アシモフは、「The Foundation Series」という古典SF小説を執筆しましたが、それだけでは満足しませんでした。最終的に彼は500冊以上もの本を執筆し、歴史上で最も多くの本を書いた作家になったのです。
彼らは現状に満足せず、常に昨日の自分を常に超えようとしているのです。

03.
全力で従業員をサポートする
それがリーダーの役目

「リーダーの役割は、従業員に素晴らしいチャンスを与えること。彼らはそのチャンスを活かして、意味のある社会をつくっていくのだ」

リーダーとして明暗を分けること。それは、従業員が帰宅し両親に電話する時「今日○○したんだよ!」と自信満々に話しているかどうか。
ラリー・ペイジは、従業員たちを成長できるよう全力でサポートします。より優れた人材と一緒に世界を変えようとしているのです。「誰を救うことができるだろう?」と従業員が常に考えているのであれば、それはいいリーダーの証拠。

04.
未来へのビジョンが
成功につながる

Glasses150903-05
1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。