ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高額だけど本格的な立ち食い寿司『阿吉師』が台湾っ子に大人気! 孤独にひとりで食べる贅沢

DATE:
  • ガジェット通信を≫

台湾ほど、日本が大好きな国はないかもしれません。台湾人は日本の文化だけでなく、和食も大好き。以前は「なんちゃって和食」が多かったのですが、ここ数年は本格的な和食レストランが増え、場合によっては「日本より絶品な和食店」と言われている飲食店も出てきました。

・美味しい寿司を求めて
そんな台湾で、絶大な人気を誇る立ち食い寿司屋があるのをご存知ですか? お値段はそこそこ高く、日本人の金銭感覚からしてもお高い部類に入ります。それでも台湾の人たちは美味しい寿司を求めてやってくるのです。

・鮮魚市場の中にある店舗
ということで、その味を確かめるべく、さっそく台湾まで行ってみました。その立ち食い寿司屋は『阿吉師』。

鮮魚がたくさん売られている士東市場のなかにあり、鮮魚店や果物店などが並ぶ場所に、突如としてこの寿司屋の店舗があります。

・胃袋と相談をして判断
ストップをかけるまで一通り寿司が出てくるので、満腹になったら「いらない」とストップをかけましょう。

たまに「もっと食べる?」と聞かれるので、そのつど、胃袋と相談をして判断します。

・味噌汁はお店の自慢の味
味噌汁は無料で、好きなだけセルフサービスで御椀に入れることができます。お店で取り扱っている新鮮な魚介類からダシをとっているので、無料といえどなかなかの絶品です。

この味噌汁を飲むためにやってくる人もいるとのこと。

・日本の様式
基本的に箸で食べますが、素手でつまんで食べる客もいます。食べ方でさえ、日本の様式なのですね。

衛生的に安心できるよう、カウンター席の横には手を洗う場所が設置されています。

・完成度の高い握り寿司に感動
寿司ネタはどれも新鮮で、熟練の板前が「匠の包丁さばき」によって最適な状態に仕上げます。もちろんシャリの量と温度、そして味もベストな状態で客に出すのです。

ポンポンとスピーディーに寿司が出されます。ここは日本なのかも!? と思ってしまうほど、完成度の高い握り寿司に感動です。

・台湾の寿司のレベルは高い
苦手な寿司ネタがあれば、あらかじめ伝えておくことで除いてくれます。台湾には魅力的な観光地やグルメスポットが無数にありますが、ぜひとも立ち寄って欲しい寿司屋のひとつです。台湾の寿司のレベルあなたの味覚で体験してみてはいかが?

お値段? 男性がひとりで満腹になるまで食べて5000~6000円程度です。

阿吉師
住所: 台湾台北士林區士東路100號士東市場
時間: 11:00~17:00
休日: 月曜日

もっと詳しく読む: Photrip フォトリップ http://photrip-guide.com/2015/09/05/taiwan-sushi/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。