ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

深夜24時から3時間しか営業しない希少なラーメン屋 / まる田

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ramen008

中華そば
670円

深夜24時から3時間しか営業しない、極めて珍しいラーメン屋が東京神楽坂にある。終電間際に食べて帰るのも難しいかもしれない。日によって営業時間にブレがあり、24時開店のときもあれば、25時過ぎに開店することもある。

・真っ暗な路地に赤提灯の光
開店の合図は、店頭に飾られる赤提灯とTwitter。営業が開始すると、真っ暗な路地に赤提灯の光が灯る。Twitterでは、営業が開始されると「はじまりました」のコメントが投稿される。24時過ぎに飛び入りしようとしたサラリーマンが、赤提灯がないことに気がついて立ち去る姿を何度か見た。

ramen003

ramen004

ramen005

ramen001

・閉店まであと2時間
店内に入ると、とても気さくで若い店主が出迎えてくれる。カウンター席とテーブル席があり、どちらの席も「小さな居心地の良い居酒屋」といった雰囲気。この日は25時30分に開店したので、閉店まであと2時間しかない。ということで、さっそく中華そばを注文。おまけにライスと若鶏のから揚げ、そしてグラスビールも追加。

ramen002

ramen010

・肉厚でホロホロと崩れ落ちるチャーシュー
出てきたラーメンは、正統派な醤油ラーメン。しかし際立つ部分はシッカリと存在し、肉厚でホロホロと崩れ落ちるチャーシューがおもしろい食感を生みつつ、じんわりとに混じるが染み出てくる。

ramen009

ramen008

ramen007

ramen011

・小麦の美味さが広がる
スープは、ゴクゴクといくらでも飲めてしまいそうなクリアな味わい。コッテリ感がないのに満足度が高いのは、ダシと醤油のバランスが絶妙だからだろう。スープの旨味を麺が運び、ズズズとすするたびに小麦の美味さが広がる。

ramen006

・極めてあっさりとした旨味
チャーシューをライスにのせ、そこにラーメンのスープをかけて食べる。チャーシューに余計な脂身がないので、極めてあっさりとした、後味の良いチャーシュー丼のできあがり。ラーメンとライスにビール、深夜に食べてよいのかどうか不安になるが、ここまでウマイなら「明日の朝と昼を抜くから大丈夫」という免罪符も許されよう。

まる田
住所: 東京都新宿区神楽坂4-2-30
時間: 24:00~27:30
休日: 日火
http://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13160403/

東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。