体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

みんな、彼氏・彼女っているの? <高校生実態調査>

友だちに彼氏・彼女ができたりすると、「私も、欲しいな…」なんて思うことありますよね。高校生のみんなって実際、どれくらい彼氏・彼女がいるんでしょう?

高校生の男女を対象にしたアンケートによると28.2%の人が「彼氏もしくは彼女アリ!」とのこと。彼氏&彼女アリは全体の30%弱とまだまだ少数派。彼氏や彼女がいないからといって、そんなに焦る必要はなさそう。ただ、彼氏&彼女アリの人たちの“なれそめ”にはちょっと興味ありますよね。その辺をさらに詳しく聞いてみました!

<高校生実態調査>みんな、彼氏・彼女っているの?

 

まず、「その彼氏・彼女とどこで知り合いましたか?」と聞いてみたところ、トップは「同じクラス」(24.1%)とのこと。確かに、最も多くの時間を一緒に過ごすクラスメイトから彼氏や彼女に発展する可能性は高そう。それまで全然意識していなかった人でも、同じクラスになると話す機会も増えるし、その人のことがいろいろと分かってきて、距離が縮まるという事はありますよね。しかも学校行事ではクラス単位で動くことも多いから、そういった時により相手が気になりだして…なんてことも多いのかも。

次に多かったのが「SNSなどのネット」(18.4%)。TwitterやFacebookでつながった人とメッセージのやり取りをして、気が合いそうな人と実際に会うようになり…といった感じで発展していく人も多いよう。

また「小・中学の同級生」(16.1%)というパターンも。小・中学生時代からの付き合いから徐々に彼氏・彼女に…という場合のほか、小・中学の同窓会で久々に会って急接近するということも! やっぱり学校周りの身近なところで出会う可能性の方が高いんですね。「出会いがない…」なんて思っているあなた、実は出会いは身近なところに転がっているはず。もっと身近なところに目を向けてみるといいかもしれませんよ。

 

さらに、そんなみんなの告白シーンも気になりますよね。アンケートによると「自分から告白した」という人が23%なのに対し「相手から告白された」という人が63.2%と多数派。また「どちらもせずになんとなく」という人が13.8%という結果でした。では、具体的にどんな場所でどんな告白をしたorされたのでしょう? 教えて!

<告白した> 「LINEで『やっぱり好きです』と伝えました」(1年・女性) 「カフェで『昔から好きでした』と言いました」(3年・女性) 「キレイな夜景が見えるとこで、『まだ好きなら…』とお願いした」(1年・女性) 「駅で。『彼氏がいるのは知ってるけど、俺の好きな人はあなたです。考えてみてください』と言った」(3年・男性) 「廊下で『ずっと前から好きでした』」(2年・女性)
<告白された> 「中学の卒業の時に自分からしてふられて、5か月位して相手からされた」(1年・女性) 「夜景みて『付き合おう!』」(3年・女性) 「電話で『○○の事一目惚れしてた。付き合ってください。おねがいします』」(2年・女性) 「よく行く公園のようなところで『付き合ってください』と言われプレゼントを渡されました」(3年・女性) 「LINEで何回も言われてたけど、相手の家で改めて言われてOKしました」(3年・女性)
告白した人、された人ともに「好きです。付き合ってください」というストレートな伝え方が多いみたい。やっぱりストレートな告白の方が、気持ちが伝わりやすいのかもしれませんね。ちなみに、彼氏・彼女アリのみなさんの交際期間で最も多かったのは「半年から1年未満」(18.4%)とのことでした。

 

いよいよこれから夏本番! 3年生のみなさんは“勝負の夏”になるので遊びはいつもより控えめになっちゃうかもしれませんが、一緒に頑張れたり、時には支えてくれる彼氏・彼女がいるのも受験生としては心強いですよね。

 

アンケートデータ

1 2次のページ
スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。