ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヒールの高いパンプスを長生きさせるには

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ヒールの高いパンプスはおしゃれ女子の必需品です。
でも、より脚をキレイにみせてくれるピンヒールほど、傷みやすく、すぐに履けなくなってしまいます。
せっかく気に入って買ったんだから、長く履きたい! そのためには、1番ダメージを受けやすいヒールがポイントになるのです。
今回は、ヒールが早く擦り切れてしまうのを防ぐ方法をご紹介します。

歩く時かかとから着地しない

ヒールの擦り切れを防ぐためには、まず歩き方が大切です。歩くときに、かかとから着地していませんか?
普通はかかとから先に着地するのが正しい歩き方といわれていますが、ヒールを履いたときは例外。つま先とかかとを一緒に着地させて歩きましょう。ヒールにかかる負担が分散されて、減りにくくなります。
また面積を広く着地することでバランスがとれ、ヒールでもキレイな姿勢が保てるメリットもあります。

座っている時にかかとを立てない

歩いているときだけでなく、じつは座っているときにも、ヒールが擦り切れる原因があるんです。
意外と無意識のうちにやっているのが、座っているときに、かかとだけを床に立てること。実はこれ、ヒールに負担をかけているんです。
また、脚をくむ癖がある人も要注意! 片方のヒールに全体重が乗るので、減りが早くなります。脚を組むことは体を歪ませる原因でもあるので、気をつけたいところですね。
ヒールを履いている時には、常に意識してみてください。

毎日履かずに靴を休ませる

パンプスをより長持ちさせたいなら、靴を休ませてあげることも必要です。
毎日同じ靴を履いていると消耗が激しく、靴の寿命を縮めてしまいます。最低でも、2、3足の靴をローテーションで履き、1日履いたら1日は休ませましょう。
休ませることで湿気もとれるので、臭いがつくことも防げますよ。お気に入りの靴だからこそ、気をつけて履きたいですね。
普段の生活でついついやってしまっていることを見直せば、大切な靴を長持ちさせられます。お気に入りの一足で秋のおしゃれを楽しんでいきましょう。
top image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
小脇にかかえるクラッチで、秋を先取る
受け身もほどほどに。飲み会だんまり女子が独身まっしぐらになる理由
6か月以内で別れてしまう恋愛を繰り返すなら、見直すのはふたつの行動

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP