ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヒラリー氏 中国を非常に重視するため日本にとって危険人物

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 米大統領選で「台風の目」となるドナルド・トランプ氏(69)。不動産王として米国では知らない人がいないくらいの有名人だが、筋金入りの反日家でもある。超格差社会のあおりを受けて貧困化が進むブルーワーカー層に「悪いのは日本や中国だ」と訴えることで旋風を巻き起こしている。

 トランプ氏による日本叩きの主張の大半は、根拠のない暴論だが、一部には日本に突き刺さる厳しい批判もある。特に重大なのは、日米同盟が片務的であるとの批判だ。もちろん、日本からすれば、属国条約ともいえる「日米地位協定」や日本側が負担している「思いやり予算」など、山のように反論があるものの、事実は事実である。産経新聞ワシントン駐在客員特派員の古森義久氏はいう。

「米国の大多数の人が、安全保障において日米同盟が大切だと認識しているが、細かいところまでは知らず、興味もない。それが『実は、日本にはアメリカを守る義務はない』と聞いて驚いたわけです。一般大衆も、日本に対し応分の負担を求めるべきだと考え始めている」

 しかも、片務性を問題にしているのは共和党の保守派だけではないという。

「民主党リベラル派のシャーマン下院議員も、7月の下院外交委員会の公聴会で、『日米同盟はまったくの一方通行だ。日本に防衛負担をもっと増やしてもらうにはどうすればいいか』と発言している。不吉な前兆だと思います」(古森氏)

 いまのところ民主党のヒラリー・クリントン氏が支持率ではトランプ氏より頭一つ抜け出ているが、民主党政権になっても安心とはいえない。それどころか、ヒラリー氏は日本にとって危険人物といっていい。

「彼女は中国を非常に重視していて、夫のビル・クリントン氏もそう。アメリカ経済にとって大きな問題は日本より中国ですが、中国への批判をかわすために、日本をスケープゴートにする可能性がある」(元外外務省国際情報局長の孫崎亨氏)

※週刊ポスト2015年9月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
安倍首相 抑止力の意味を含め日本独自の打撃力を備えるべき
米国元高官「日米同盟の役割理解できなかったの鳩山氏だけ」
「2+2」で日米同盟深化が明確に文書化されたと櫻井よしこ氏

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP