ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

36才男性 又吉の芥川賞で「俺も目指す。男としての勝負だ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 芥川賞受賞で大ベストセラーになっているお笑いコンビ・ピースの又吉直樹の小説『火花』だが、影響を受けてしまっている人も多いようだ。大阪府に住む派遣社員の女性Sさん(35才)の夫(36才)は、印刷会社勤務の普通のサラリーマンだが、すっかり又吉に憧れてしまったのだという。

 * * *
「ピースの又吉直樹さん」とフルネームで呼ぶダンナ。彼が芥川賞を受賞して以来、『火花』を何回読んだか。これまで本なんて読まなかったのに、すごい変わりようよ。

 そして、「素晴らしい文章だ。情景描写にうなったなぁ」と、同じ感想を何回も。そしてとうとう、「オレも、又吉さんを目指すことにした。ひとつ年上のオレは、男として勝負のしどきだと思う」って言い出したの。

 思わず「年賀状さえ自分で書かない筆不精が?」と、喉まで出かかったけど、待てよ、と。たとえ“なんちゃって小説家”でも、休みの日、朝から夜までテレビ見ていられるより、いいじゃない? それで、「すごお~いっ。私、応援しちゃう」と、ひとまず。

 ところがその週末も、次の週末も、全く小説を書いているそぶりがない。まあ、そんなもんでしょと思いながらも、「又吉さん、目指してんだよね?」と尋ねてみたわけ。

 そしたら、「そうそう! やっと決まったよ。オレの幼なじみが相方やる決心がやっとついたって、ほれ」と、見せられたのが、変顔の画像メールの数々。

「今年の忘年会シーズンは忙しくなるぞぉ~」だなんて、残念すぎて、しばらく口をきく気にもならなかったわよ。

※女性セブン2015年9月17日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
小説『火花』の師匠モデル先輩芸人が明かすピース又吉の素顔
芥川賞最高部数の又吉直樹 書店員が「文学の救世主」と評価
ピース又吉 直木賞西加奈子は「幸福だと思わせてくれる作家」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP