体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

英語のスペルミスを赤ペンチェック!iMessage のアドオン「iCorrect」が便利

iCorrect

英語によるメッセージのやり取りで、送信したものを後から見返して「スペル間違っている…」とがっかり。iMessageユーザーでそんな経験を持つ人にお勧めしたいのが拡張機能の「iCorrect」だ。

・間違い箇所にハイライト

iCorrectは、名称から察しがつくかと思うが、英語のスペルや文法をチェックするというもの。

入力したテキストをチェックし、間違ったスペルや文法があると、その箇所に赤い点線でハイライトをつける。

なので、ユーザーは間違ったスペルなどを送信前に直すことができる。

iCorrect2

・解説ボックスで学習

しかし、ハイライトがついたからといって、どう間違っているかわからない、という場合もあるだろう。

そんなときは、ポップアップ表示される解説ボックスを参考にするといい。

例えば、「There」なのか、「They’re」か、それとも「Their」が適当なのか。それぞれの意味を表示するので、さながらレッスンとなる。

もともとこのアドオンは、ライティング能力がまだ十分でない子供向けに開発された。

しかし、英語ネイティブではない人にとっても心強い味方となり、赤恥を減らすのに貢献してくれそうだ。

iCorrect

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。