ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

この発想はなかった!?傘の常識が変わる“逆に開き逆に閉じる傘”いよいよ発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ぐずついた日が続いているが、雨降りで不快な問題といえば、雨の中を車に乗りこむ際に置いた傘でシートが濡れる、降りるスペースが狭い時などドアを大きく開けられず、傘をうまくさすことができないなどなど…。そんな雨の日の不快な問題をクリアすべく、約10年の歳月をかけて、これまでの傘の概念を覆す“逆に開き逆に閉じる傘”が誕生!いよいよオンライン発売がスタートした。

今回、発売となった、逆に開き逆に閉じる傘「GAX G-1」(3万4000円・税別)は、雨降りの車の乗り降りに着目し、利便性を追求した傘。

世界初、それぞれのリンクした傘骨を的確に制御し、複雑に可動させる機構となっている。傘を逆に開き逆に閉じる動作をスムーズに行うことを可能にし、また、開いた姿も既存の傘と変わらない、美しいフォルムを実現した。

既存の傘との違いを列挙すると以下の通り。
・傘布の開き方、閉じ方が全く逆。
・濡れた布面が内側にくるため、周囲を濡らさない。
・車に乗り込んだ後に傘を閉じることができる。
・車を降りる際、ドアを少しあけるだけで傘を開くことができる。

この発想はなかった!?こちら(http://gaxumbrella.com)では、“逆に開き逆に閉じる”様子を動画でも見ることができる。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP