ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

辞書に載るかも?今年の新語大募集

DATE:
  • ガジェット通信を≫


三省堂が9月1日から11月30日まで、「今年の新語 2015」を募集することを発表した。

【もっと大きな画像や図表を見る】

きっかけは、『三省堂国語辞典』編集委員の飯間浩明氏が昨年、「今年からの新語2014」という試みを実施したこと。これは、日本語やその使い方に関するトリビア的なツイートで人気となった飯間氏が、ツイッターのハッシュタグなどを使って「今年からの新語」を募集したものだ。“独断と偏見”で「ワンチャン」「それな」「ぽんこつ」などの10語を選び、国語辞典風に解説した。

このように昨年は個人的に行われていた試みだったが、今年は三省堂が大々的に行うよう。飯間氏のツイッターによると、「三省堂の営業の方々が『本格的にやりましょう』と今回の企画の実現に動いてくださいました」とのことだ。企画については「『今年の新語』は、近く辞書に載ってもおかしくない語を選ぼう、というところが特色」と説明している。

三省堂の特設サイトによれば「今年の新語 2015」では、2015年に「よく見た」「よく聞いた」言葉を募集。今年誕生した言葉かどうかは問わないという。応募フォームまたはツイッターによる投稿で受け付け、いくつ応募してもOKだ。

ツイッターでは、早速候補が挙げられており、

「佐野る(動詞)
1.他人のアイデアをパクること
2.当初の擁護派が一気に減ってしまうこと(オッボる、片山る、と同義)」
「オワハラ〔←就活終われ ハラスメント〕企業が、採用を内定した学生に、他社の選考を辞退するよう強制すること」
「しおーたいおう【塩対応】〈名〉〔俗〕思いやりの感じられない対応。そっけない応対。『一人だけ、ファンに対して―の子がいる』★文脈によっては、単に「塩」とも。『ナースの対応が―だった』。対義語は『神対応』。『店長が―だったから、最近はお世話になりっぱなしだ』」

などの時事ネタが目立つ。単に言葉を挙げるだけでなく、解説を試みるツイートも見られる。

もしかしたら将来、辞書に載るかもしれない「新語」。あなたの周囲では、今年はどういった言葉をよく見聞きしただろうか?
(花賀 太)
(R25編集部)

辞書に載るかも?今年の新語大募集はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

必読!今年話題のビジネス書5選
DASH新語誕生でネット沸き立つ
一般流行語/ネット流行語大賞の差
今年の新語1位は「ワンチャン」?
壁ドン派生形 床ドン顎クイ肩ズン

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。