ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

会社にいるみんなが人事!社員紹介を活性化させる新しい仕組み「Refcome」に注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

人材採用において昨今、大きな課題とされているのが、入社後のミスマッチ問題。

それを未然に防ぐため、アメリカで広く取り入れられているのが、リファラル採用という手段。

社員からの紹介によって雇用する方法で、ローコストな上、ミスマッチを最大限防止する有効策としても注目されている。

・リファラル採用の普及に向けて立ち上げ

日本国内でも、その手法を取り入れたサービスが登場。それが、今回ご紹介する「Refcome(リフカム)」だ。

“社員みんなが人事”をコンセプトに、リファラル採用の活性化を促すシステムを提供。企業の成長促進につながる、仕組み作りを提案する。

・3つの柱で強力にシステム促進

サービスの概要は、主に3つ。

1つは、募集ポジションの社内共有。社内でどのポジションが募集中なのかを通知する他、募集ポジションの新規追加・編集・停止、リマインドメールを任意のメンバーに送付する。

2つ目は、採用数の目標設定。採用の進捗状況把握から、社員がどんな人を紹介してくれているかを一元的に管理。社内で紹介者数を、ランキング表示することも可能だ。

最後は、導入コンサル。システムだけでは不十分な部分を、コンサルタントが直接対応。課題に応じたサポートを行うというもの。これら3つが一体となって、リファラル採用の定着を図っていく。

・β版にて事前登録受け付け中

社員紹介採用を取り入れている企業は多数あるが、本格的に導入されているところは、まだまだ少ない。

しかし、定着率の高い組織にするために、リファラルの促進は、今後ますます必要になってくるのではないかと思われる。

現在はまだβ版で、本格的な展開はこれから。事前登録を受け付けているので、興味のある人は、サイトをご覧あれ。

Refcome

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP