ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

手のひらに乗せて見る、「今」の地球

DATE:
  • ガジェット通信を≫

気象観測に欠かせない気象衛星。日本の新しい気象衛星「ひまわり8号」が、2015年7月7日から運用を開始している。先代のひまわり7号に比べると、カメラの解像度が2倍になり、カラーの可視光画像が撮影可能になるなど、大幅に性能がアップしている(下図参照)。テレビの天気予報の背景に映る衛星画像が、格段に美しくなったことに気づいた人も多いだろう。

そんななか、きれいになったひまわり8号が撮影した画像を、ほぼリアルタイムでパソコンやスマートフォン、タブレットなどで見ることができるウェブアプリ「ひまわり8号リアルタイムWeb」が公開されている。

画像提供:NICTサイエンスクラウドひまわりプロジェクト

公開されている画像は、「地球全図」と「日本列島」の2種類。地球全図は10分おき、日本列島は2分半おきに更新されており、画面下のスライダーを動かして、太陽が移動していく様子や雲の動きを見ることができる。「ひまわり8号動画ライブラリ」では、日付別に1日の雲の動きが分かる動画や、ひまわり7号との比較、大きな台風や噴火した火山などを集中的に観測した「機動観測」の様子が分かる動画も公開されている。

日本は夜明け前。東から夜が明けていく様子が見える(画像提供:NICTサイエンスクラウドひまわりプロジェクト)

日本に接近する台風の大きさを衛星画像で実感する(画像提供:NICTサイエンスクラウドひまわりプロジェクト)

「ひまわり8号動画ライブラリ」では、1日の雲の動きや、過去の台風・噴火などの様子を見ることができる(画像提供:NICTサイエンスクラウドひまわりプロジェクト)

このウェブアプリは、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が、気象庁と千葉大学環境リモート研究センターの協力で公開しているもので、NICTサイエンスクラウドのビッグデータ技術開発プロジェクトの一環として実施している。ひまわり8号は年間150TB(非圧縮時)もの膨大なデータを出力するため、気象の研究だけではなく、大容量データの伝送技術、ビッグデータの管理・処理技術、データ可視化技術などの研究材料としてもうってつけなのだ。

ひまわり8号リアルタイムWebには、現在時刻を常に表示する機能や、GPSと連動してスマートフォンで現在地の雲の様子を衛星で見られる機能もある。手のひらの上で美しい地球を眺めて、広大な宇宙に思いを馳せてみよう。

関連リンク

ひまわり8号リアルタイムWeb

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP