ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

輸入ビジネスに挑戦!タイからTシャツを輸入するためにやったことや手続きのまとめ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、LIGの社長のゴウです。

以前、タイに旅行した際に偶然であった至高のTシャツ「OUKY」。前回それを試験的に輸入してみて販売した所、2日で完売するという結果になりました。本当にありがとうございました。※詳しい経緯は以下の記事をご覧ください。

 

という訳で、またしてもタイに仕入れに行ってきまして、OUKY第二弾の発売が決定いたしました。そしてECサイトもリニューアルしたのでご報告いたします!

LIGのオフィシャルECサイト、LIG LIKE

LIGの社員が愛するモノをお届けするというコンセプトのECサイト『LIG LIKE』。

我々が本当にいいな、と思ったモノだけを販売していきたいと思っています。まだまだ商品数は少ないですが、今後どんどん増やしていく予定ですのでお楽しみに!

輸入をしてみて気がついたことまとめ

今回、本格的に輸入をするにあたり、正直何をどうすれば良いのかさっぱり分からなかったので、とりあえず問題点を洗い出してみました。

輸入ビジネスをする上での問題点

【言葉】ちゃんとビジネスするなら、タイ語どうしよう……
【コスト】仕入れの度にタイに行くとコストが掛かり過ぎる
【輸送】大量に仕入れて、どう運ぶか
【税金】関税とか諸々どうするのか
【クオリティ】Tシャツのクオリティのバラ付きがヤバイ

ざっくりと、上記5点が問題かなーと。売り切れる度にタイに仕入れに行くのはさすがにコストが掛かり過ぎるし、前回仕入れたTシャツのクオリティのバラ付きもヤバイし(シミとか、穴が開いてたりとか……)、そもそも契約とかするならタイ語喋れないとマズイし……そもそも大量に仕入れたものをどうやって運ぶのかとか、あと税金とかそういうのってどうしたらいいんだろうとか……。

これらをまるっと解決しないとビジネスにならないなーと。ま、一個一個解決して行きたいと思います。

 

1. 言葉の問題は通訳をたてよう

タイ在住の友人に紹介してもらった、通訳のトシさん。

タイと日本のハーフなので、日本語もタイ語もペラペラとのこと。

前回は、カタコトの英語でコミュニケーションを取っていたのですが、タイ人と日本人がカタコトの英語でそれぞれコミュニケーションを取るのはやはり大変。なので、今回は通訳を頼むことにしました。これで、言葉の問題は解決です。
通訳最高! 超楽!

 

2. タイに行かないでも仕入れられる仕組みをつくろう

OUKYのオーナーと交渉して、メールなどで注文をいれられるように交渉してみました。

OUKYは毎週のように新色が出るので、そのTシャツの色がどういう感じかをメールで送ってもらって、それぞれ何枚ずつ欲しいかを伝えるような仕組みで合意しました。また、支払いについても銀行振込などで対応するようにしてもらいました。

これで、次回以降はわざわざタイまで買い付けにいかなくても、注文をすることができるようになりました。

 

3. 日本まで輸送する手段を考えよう

右に写っているのが、タイ在住で運輸業をやっているシンゴさん。

船便、空輸便どちらも対応してくれて、タイで荷物をピックアップする所から、日本の所定の場所まで運ぶまでを代行してくれます。

これで、日本から注文をして、それをシンゴさんにピックアップしてもらって日本まで運んでもらうという流れが出来ました。

 

4. 税金の支払いなどは輸送時に代行してもらおう

輸入時にかかる税金、いわゆる関税などは輸送時にシンゴさんの会社が代行して支払ってくれて、税金+輸送費で請求をたててくれることになりました。

なので、このあたりの専門知識がないとどうにもならなそうな部分は、まるっと代行していただきました。楽ちん!

 

5. クオリティのバラ付きがヤバイ!

さて、これが一番の問題でした。

前回、仕入れたOUKYの中にかなりの確率でB級品(シミがあったり、穴があいていたり、糸がほつれていたり)が入っていました。だいたい8%くらいの量で入っていたので、つまり1000枚仕入れると80枚ものB級品があることになります。

 

今回も購入するにあたりその場でいくつかの商品を検品してみました。

するとやはり大量のB級品が紛れ込んでいることがわかりました……。これだと、商売になりません……\(^o^)/

なので、ここはなんとか交渉して、不良品の分は値引きをしてもらうか、そもそも不良品がそんなに出ないようにしてもらうかをお願いしてみました。

が、しかしOUKY側はやんわりとこれを拒否。(なんでだー)

 

−OUKY
不良品が出るのはしょうがないんですよ。僕らも工場から送られてくるときにチェックはしているんですが、なかなか全部をチェックするっていうのはね……。それに、僕らの商品を買ってくれる人は、そういう部分も含めて「味だな」って思ってくれているから、これまでもそんなことで文句を言われたことがないんです。なぜあなたたちはそんなにクオリティについてうるさく言うのか少し理解に苦しみますね。あと、そこまで言うなら不良品が出たらそれを僕の所に持ってきてくれれば交換しますよ。日本から来るタイミングでまた持ってきてくれればね。あと、不良品が少し出るからって値引きするのは絶対にできないですね。僕らも商売ですからね。これ以上安くすると利益が出ないんですよ。わかりますよね?あと、不良品がでないように、納品前に必ず僕らが全部チェックするようにはしますよ。だから安心して買ってください。

 

 

さすがタイ!

なんか粘って色々と交渉してみたんですが、最終的に「クオリティにこだわるお前らがおかしい」みたいな感じになってきたので、まぁ、もうこれはある程度はこちらが飲み込むしかないかな……という気分になりました。確かに、OUKY自体は滲んだムラッ気のある色味が魅力なので、多少の染料のにじみとか、糸のほつれなんかは「味」っていうことでもいいんですけどね。

ただ、びっくりしたのは、小さな穴があいているTシャツが何枚か紛れ込んでいて、それを指摘したら突然ハサミを取り出してその穴を中心に小さな切れ込みをたくさん入れだして、切り絵みたいな感じで切り刻んだ挙句「こうやってリメイクすればカッコイイから平気」って言われたことですねw いやいや、確かにそうかもしれないけどwww 発想が斬新すぎるでしょw

まとめ

まぁ、とは言えね。俺自身はこのOUKYを本当に気に入っているのでいいんですけどね。

そういう考え方もタイの中では当たり前なのかもしれませんし、郷に入らば郷に従えとも言いますからね。そういう文化、商習慣の違いも受け入れないと輸入業はできないのかなと思っています。

 

とりあえずこれで、日本にいながら仕入れを行える体制は整ったわけですね。

まったく輸入業なんてやったこともなかった訳ですが、やってみればなんとかなるもんですね。(手伝ってくれた皆様、ありがとうございました!)

 

という訳で、そんな魅力的なOUKYは「LIG LIKE」で購入することができますので、よかったらどうぞ〜!

オススメ商品ピックアップ

以下の「今すぐ購入する」ボタンから直接購入することもできます。便利な世の中ですね。

たかさん・ネイビー(Lサイズ)2160円

「新しいTシャツって、もうそれだけで爽やかな気分になれるよね。」
「新しいTシャツって、もうそれだけで爽やかな気分になれるよね。」

//

ゴウさん・グリーン(Lサイズ)2160円

「このTシャツとの出会いは運命ですね。 」
「このTシャツとの出会いは運命ですね。 」

//

そめひこ・ダークネイビー(Lサイズ)2160円

「ダークネイビー。 全てに勝つ色。全てを統べる色。 俺はそう思って着てます。」
「ダークネイビー。 全てに勝つ色。全てを統べる色。 俺はそう思って着てます。」

//

 

 

以上、ゴウでした!

ではまた!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
LIGの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP