ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

この「豆腐屋さん」に隠された衝撃の事実。あなたは見抜けますか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

歴史情緒溢れ、小江戸の別名を持つ埼玉県川越市。そんな城下町の日常風景を切り取ったこの「一枚」には、ある秘密が隠されています。

みなさん、お気づきですか?

実はコレ、写真と見間違えるほどリアルに描かれたイラストなのです。使われたのは色鉛筆のみ。「のぼり」が風に揺られる様が、見事に表現されていますよね!

作者は、色鉛筆画家・林亮太氏。色鉛筆の表現力と可能性にチャレンジしたいと考えた同氏は、2009年から何気ない東京近郊の風景を描き続けています。

どれもこれも、すべての作品が「色鉛筆」で描かれています。

特筆すべきは、光と影の圧倒的な再現力。きっと、一枚の作品が完成に至るまでには、途方も無い苦労があるのではないでしょうか…。

作品はFacebookTwitterなどで公開中。公式HPでは、作品の購入や、ペインティングレッスンのスケジュールもチェックできます。

ちなみに、今後は名古屋と東京で個展を開催予定。作品を実際に見れる数少ないチャンスをお見逃しなく!

【開催概要】
「林亮太作品展」
・会期:2015年9月29日(火)〜10月4(月)
・会場:名古屋セントラル画材アートギャラリー
・開館時間:11:00〜19:00(最終日は17:00まで)

【開催概要】
「林亮太作品展(仮)」
・会期:2015年11月10日(火)〜14(土)
・会場:レクトヴァーソギャラリー
・開館時間:13:00〜19:00(最終日は16:30まで)

Licensed material used with permission by 林亮太

関連記事リンク(外部サイト)

フォロワー8万人超!モデル体型なんて必要ない「プラスサイズヨガ」が話題
「美しい授乳写真」に込められた、意外なメッセージとは?
ロックンロールの爆音で「スカートめくり」!?音響のスペシャリストが集結!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP