ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

本木雅弘 ゲリラ豪雨時の江口洋介の手際の良い処置に敗北感

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 本木雅弘(49才)と江口洋介(47才)──。ともに1980年代にアイドル的な人気を誇ったふたりが、9月12日公開の『天空の蜂』で初共演を果たすことになった。ライフスタイル誌『BAILA』(9月号)では公開にさきがけて、ふたりの対談を掲載しているのだが、本木は2才年下の江口について敗北感たっぷりにこう語っている。

《「モックンはちょっと面倒くさそうだし、結婚するならえぐっちゃんがいいな」って女性なら思うでしょ、普通?》

「ゴーイングマイウエーで個性派の本木さんにとって、“あんちゃん”的な包容力のある江口さんは対極にいる存在で自分にはないものを持っている。そこに関しては江口さんから見た本木さんも同じなんですが、同世代の俳優として長く同じ業界にいたのにまったく共演がなかったから、余計に互いを意識し合ってたようです」(映画関係者)

 そんなふたりはまた、よきパパでもある。本木は1995年にエッセイストの内田也哉子(39才)と結婚し3人の子供(長男・17才、長女・15才、次男・5才)に恵まれ、江口は1999年に森高千里(46才)と結婚し、2人の子供(長女・15才、長男・13才)をもうけた。

 本木が江口に敗北感を感じた理由。それは演技よりも、「夫としての凄テクにあった」と映画関係者は言う。

「映画は昨年4月から8月にかけて撮影が行われたのですが、6月に発生したゲリラ豪雨で江口さんの自宅の地下室にまで水が入り込んでしまったんです。その時、江口さんは撮影の最中だったのですが、森高さんに電話をかけて、子供と一緒に水が入ってこないように処置するように指示する一方で、業者にも手早く連絡していたんです。それを見た本木さんは、あまりの手際の良さにびっくりして、“敵わないな”と感心しきりでした」

※女性セブン2015年9月17日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
森高千里 夫・江口洋介が出演する作品はすべて見て感想伝える
江口洋介と森高千里 人気カフェで人目気にせずラブラブデート
坂口憲二が九十九里に一戸建て購入 桜井裕美との結婚間近か

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP