ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

IFA 2015 : Samsung、IoT機器「SmartThings Hub」と「SLEEPsense」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung は 9 月 3 日、ドイツ・ベルリンで行われた IFA 2015 のプレスカンファレンスで、今後普及することが見込まれる “モノのインターネット” のための新デバイス「Samsung SmartThings Hub」と「Samsung SLEEPsense」センサーを発表しました。IoT は、様々な機器をインターネットに接続して、情報を共有したり、制御できるようにする技術のこと。「SmartThings」というは、テレビや冷蔵庫、洗濯機、スマートフォンなどを接続して使うことのできる Samsung ブランドの IoT プラットフォームの総称で、「Samsung SmartThings Hub」はその中心となる小型のハブデバイスとなります。また、「SLEEPsense」は、ユーザーにより良い睡眠を提供するために、睡眠中のデータを分析して睡眠パターンを学習し、ユーザーのスマートフォンにレポートを提供することのほか、SmartThings Hub を介して他の IoT 機器を制御することもできます。SLEEPsense は脈拍や呼吸、動きからユーザーの睡眠状態を監視・記録・学習し、異常な睡眠パターンをユーザーに知らせ、改善する方法を提案することのほか、スマートエアコンやスマート TV などの SmartThings 対応の IoT 機器をコントロールすることもできます。例えば、寝落ちした場合にはテレビを消したり、暑くて寝苦しい場合にはエアコンの温度を下げたりします。SmartThings Hub と SmartThings 対応の IoT 製品は本日より米国と英国で発売されています。Source : Samsung


(juggly.cn)記事関連リンク
Gionee、世界最薄スマートフォンだったElife S5.1のアップグレード版「Elife S5.1 Pro」を発表
CloveがXperia Z5 / Z5 Compact / Z5 Premiumの予約受付を開始
ヤフー、Android向け「スマホ最適化ツール」にゲームアプリ最適化機能を追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP