体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コンビニ3社のPBアイスを徹底食べ比べ! 食べるとわかる、アレの違い!?

f:id:naruse_e:20150825203141j:plain

冷たいデザートといえばアイスクリーム。かき氷の人もいるだろうか。はたまたアイスキャンディー派であろうか。筆者は俄然アイスクリーム派だ。それもうずを巻いている、あのこってりしたアイスクリーム。氷系の甘味は腹にたまらないし、食べた感じがしない。アイスクリームはその点をクリアしている。そして食べているときに贅沢をしていると実感できる。氷系の甘味のような喉を潤す感じはないが、その濃厚な甘ったるさに特別感を感じるのだ。

最近はコンビニもPB商品に力を入れており、なかなか侮れない。高級感を売りにしている商品まであるくらいだ。ということで、ファミリーマート(以下ファミマ)、セブン-イレブン(以下セブン)、ローソンの大手コンビニ3社のベーシックなアイスクリームを食べ比べしてみることにした。

まずはファミマのアイスクリームから。

 

ファミマ「ワッフルコーン北海道ミルクバニラ」(税込194円)

f:id:naruse_e:20150825202841j:plain
「アイスミルク」内容量:185ml、無脂乳固形分9.5%、乳脂肪分3.0%

目を凝らして見てほしい。

お分かりいただけただろうか? バニラビーンズの粒粒がふんだんに練りこまれている。一口食べてみると、甘くて少し懐かしい味がする。なんというか、良い意味でミルクくさいのだ。とはいえ後味はさっぱりしており、思ったほどこってりしているわけではなかった。

 

ここで突然「豆知識タイム」!

森永乳業の「アイスクリームの知識(アイスクリームの知識 | 「乳」の知識 | おいしさのヒミツ・CM | 森永乳業株式会社)」によると、アイスクリームの概念は「乳固形分(15.0%)」「乳脂肪分(乳固形分のうち8.0%)」のものを指すという。一口にアイスクリームといっても、パッケージを見れば「アイスクリーム」「アイスミルク」「ラクトアイス」の3つに分類される。

 

濃厚さ、牛乳の多さでいえば、「アイスクリーム>アイスミルク>ラクトアイス」という順だ。安いアイスほど「ラクトアイス」であることが多く、プレミアムラインのアイスほど「アイスクリーム」であることが多い。ちなみにアイスミルクとラクトアイスの概念は次の通り。 アイスミルク:牛乳と同じくらいの栄養分を含んでいます。動物性脂肪に代わり植物性脂肪が配合された商品もあり、重くなりすぎず程よい味わいです。 ラクトアイス:使われている脂肪の多くが植物性で、さっぱりとした口当たりが特徴といえるでしょう。
さらに明治の「知っ得!品質マメ知識 牛乳編」によれば、無脂乳固形分とは、たんぱく質、炭水化物、カルシウム、ビタミンなどの栄養素を含んだもので、無脂乳固形分が多いほどおいしいという調査結果もあるのだとか。

つまり、無脂乳固形分がおいしさを、乳脂肪分がコクや濃さを表しているといえそうだ。

それを踏まえてファミマのアイスのパッケージを確認すると、「アイスミルク」であることが判明。要は中間的な濃さであるということだ。なるほど、納得である。バランスの取れたアイスではあるが、大量のバニラビーンズでコクをカバーしたといった感じだろうか。

ずっと食べていると少し甘さがきついように感じた。

f:id:naruse_e:20150825203050j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。